戦国武将総選挙

戦国武将総選挙2020のランキング結果!人気の1位は誰?ベスト30の順位発表!

テレビ朝日系列で4月27日(月)の19時から放送される「禁断企画!国民10万人がガチ投票!日本人が本当に好きな戦国武将総選挙」

この番組は、お笑いコンビ・爆笑問題のお二人がMCを務めるテレビ朝日のランキング特番の一つの企画で今までも何度か放送があった人気番組です。

日本人が本当に好きな戦国武将はだれなのか?よく耳にするエピソードに合わせて教科書に載っていない事実も含めてトップ30を3時間にわたって放送するそうですよ。

ここでは番組内容と出演者の紹介、放送後のランキング結果に合わせて私個人の予想と私個人が気になる武将をお話したいと思います。

と言っても私は武将の知識がさっぱりなので…(汗)大した紹介はできないとは思いますが皆さんと一緒に番組を楽しみたいと思います。最後までどうぞお付き合いくださいませ。

スポンサードリンク

「日本人が本当に好きな戦国武将総選挙」2020年4月出演者&放送内容

有名な武将はもちろん、詳しくない私にはこの番組ではじめて耳にする武将、そして武将を支えてきた女性たちがランクインし驚くこともありますが今回の放送ではどんな順位になるのでしょうか。

【出演者】
<MC>
爆笑問題(太田光、田中裕二)

<ゲスト>
高橋英樹
高畑敦子
瀧本美織
ビビる大木
福本大晴(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.)
山崎怜奈(乃木坂46)

黒田基樹(駿河台大学教授)
本郷和人(東京大学史料編纂所教授)

【放送内容】
戦国武将は約2700人いたと言われているそうです。その武将の中から「あなたが一番すごいと思うのは?」と日本全国47都道府県でアンケートをとった結果の上位トップ30を発表する内容となります。

過去の放送ではランクインしなかった武将が入ってくるらしいのですが、一体誰なのでしょうか…

現代を生きる私たちでは想像できない戦国時代。

彼らは何を想いどうその波乱の時代を生き抜いたのか語り継がれている事や新事実を専門家の意見を交えて紹介してくれるみたいです。

スポンサードリンク

戦国武将総選挙2020春 人気上位の個人的予想

そうですね…知識ほぼゼロの私が思うのは、やはり有名どころが上位なのではと思います。
皆さんもご存じの徳川家康、豊臣秀吉、織田信長

ゲームの登場キャラクターとしても人気なのは伊達政宗、真田幸村、武田信玄、上杉謙信

この方たちは全員が上位なのかはわかりませんがトップ30には入るのではないかと。
私のように詳しくない方にもアンケートはとっている事でしょうし…

NHK大河ドラマに取り上げられた方たちも入ってきそうですよね。
斎藤道三、黒田官兵衛、明智光秀

やはりドラマを観て興味をもったという方も少なくないでしょうし、余談ですが、私が新選組を知って興味惹かれたのは香取慎吾さん主演の大河ドラマがきっかけですからね。

詳しい方だと“この人は外せない!”という人物がパッと浮かぶんでしょうね。
ランキングの結果がどうなるのか。今上げた方たちが上位でないならその理由も興味深いですし番組が楽しみですね。

スポンサードリンク

私が個人的に気になる戦国武将

知識のない私なので“そこ選ぶか⁉”っていう面白みはありません(笑)

ズバリ!

織田信長です(笑)

理由も大したものではありません。戦いを好んで行ったと言われている方ですし、気性が荒かったと。

将としての才能は優秀だったといいますが、そういう恐ろしい人だという話をよく耳にします。

本当に私個人的な感覚になりますが、そう周りから言われる人は二分すると思うのです。

事実恐ろしく身勝手な人物で同情の余地もないの場合と、優れすぎているがゆえに、他より突出しているがゆえに恐ろしい部分が誇張されて伝えられている場合と。

絶対ではないですが会ったことのない人ですしそういう可能性もあるのかなと思うからですね。悪く言われている部分だけが真実かは私たちにはわかりませんし。

知識のないヤツがこんな事を言っては専門家の方々に怒られてしまいそうですが、そういう意味で文字だけではわからない人の代表ではと思い上げさせていただきました。

番組ではそういう事にも触れてくれるんですかね。

スポンサードリンク

「戦国武将総選挙」2020春!人気ランキングTOP30結果発表

ランキングの結果です。
皆さんの好きな戦国武将はランクインしているでしょうか?

《第30位》

大和(奈良)
柳生宗矩(1571~1646享年76)
獲得ポイント:163,906pt
【評価】
剣の腕で大名になった剣豪

《第29位》

尾張(愛知)
柴田勝家(1522~1583享年62)
獲得ポイント:164,319pt
【評価】
上杉謙信を苦しめ織田信長に最も信頼された

《第28位》

三河(愛知)
本田忠勝(1548~1610享年63)
獲得ポイント:174,464pt
【評価】
57戦無敗と言われる徳川四天王の一人
14歳で敵陣に乗り込み手柄を上げた

《第27位》

尾張(愛知)
山内一豊(1545~1605享年61)
獲得ポイント:174,828pt
【評価】
武勇に優れた武将

《第26位》

山城(京都)
斎藤道三(1494~1556享年63)
獲得ポイント:177,205pt
【評価】
身分制度の強い時代に一番出世した武将
うつけ者と言われた織田信長を見出し支援した

《第25位》

上田・沼田(長野・群馬)
真田信之(1566~1658享年93)
獲得ポイント:178,717pt
【評価】
父、弟と敵対しても真田家を守り抜いた

《第24位》

敦賀(福井)
大谷吉継(1559~1600享年42)
獲得ポイント:184,1600pt
【評価】
石田三成との友情のため敗戦になるとわかっても共に戦った

《第23位》

駿河(静岡)
今川義元(1519~1560享年42)
獲得ポイント:209,169pt
【評価】
武田信玄をも圧倒した東海一の大戦国大名

《第22位》

京(京都)
足利義輝(1536~1565享年30)
獲得ポイント:210,658pt
【評価】
巧みな政治力の有能な武将

《第21位》

三河(愛知)
山本勘助(1493~1561享年69)
獲得ポイント:216,359pt
【評価】
武田信玄に最も信頼された武将

《第20位》

越後(新潟)
上杉景勝(1555~1623享年69)
獲得ポイント:231,193pt
【評価】
相手の気持ちを重んじる
エリート部下(前田慶次、真田幸村など)を見出し慕われた

《第19位》

美濃(岐阜)
竹中半兵衛(1544~1579享年36)
獲得ポイント:344,816pt
【評価】
すばらしい頭脳
豊臣秀吉の天下取りになくてはならない人物

《第18位》

上田(長野)
真田昌幸(1547~1611享年65)
獲得ポイント:358,464pt
【評価】
自分の家のも家来を守るために懸命だったところ
つかめないけれど人間っぽさが魅力

《第17位》

遠江(静岡)
井伊直政(1561~1602享年42)
獲得ポイント:370,530pt
【評価】
赤鬼と恐れられた猛将
徳川四天王の一人

《第16位》

加賀(石川)
前田利家(1538~1599享年62)
獲得ポイント:428,264pt
【評価】
加賀百万石の礎を築いた槍の名手
前田家の財力は利家の計算力によるもの

《第15位》

安芸(広島)
毛利元就(1497~1571享年74)
【評価】
海賊までも仲間にし一代で中国地方を制した知将

《第14位》

近江(滋賀)
浅井長政(1545~1573享年28)
【評価】
庶民ファーストを貫いた

《第13位》

米沢(山形)
前田慶次(1533~1605享年73)
獲得ポイント:592,311pt
【評価】
傾奇者として有名己を貫いた
自分の主人に忠誠を誓っていた

《第12位》

米沢(山形)
直江兼続(1560~1619享年60)
獲得ポイント:614,312pt
【評価】
徳川家康に口説かれても最後まで上杉昌勝についていった
兜の“愛”は愛染明王=武の神の化身として勝という心の印

《第11位》

肥後(熊本)
加藤清正(1562~1611享年50)
獲得ポイント:638,579pt
【評価】
難攻不落の熊本城を造った城づくりの天才
豪快なようで繊細でち密な設計で地震でも崩れない熊本城をつくり上げた

いよいよトップ10です!!

スポンサードリンク

《第10位》

近江(滋賀)
石田三成(1560~1600享年41)
獲得ポイント:763,358pt
【評価】
豊臣政権を支えた戦国一の頭脳の持ち主
真面目で誠実、私利私欲のない人物

《第9位》

丹波(京都)
明智光秀(生誕不明~1582)
獲得ポイント:999,256pt
【評価】
多くの謎が残る人物
身分に左右されず部下も平等に扱った

《第8位》

近江(滋賀)
黒田官兵衛(1546~1604享年59)
【評価】
敵との対話によって収めた戦も多い無敗の将

《第7位》

甲斐(山梨)
武田信玄(1521~1573享年53)
獲得ポイント:1,559,338pt
【評価】
地形を変え山梨県を洪水から守った
圧倒的な強さと民を思う心

《第6位》

大坂(大阪)
豊臣秀吉(1537~1598享年62)
獲得ポイント:1,589,749pt
【評価】
愛情が強く自身の母も大切にした
“戦わずして勝つ”多くの策で命を削らず勝利した

《第5位》

江戸(東京)
徳川家康(1543~1616享年74)
獲得ポイント:1,704,695pt
【評価】
湿地帯を開拓し東京の礎を切り開いた
約260年に渡って戦争のない時代を築いた

《第4位》

上田(長野)
真田信繁(幸村)(1567~1615享年49)
獲得ポイント:1,950,394pt
【評価】
他の武将に比べ史料が少ない人物だが徳川家康を最後まで追い詰めた武将
統率力・カリスマ性のある人物

《第3位》

仙台(宮城)
伊達政宗(1567~1636享年70)
獲得ポイント:1,956,394pt
【評価】
地元民のヒーロー
外交にも力を入れ若くして成り上がった

《第2位》

越後(新潟)
上杉謙信(1530~1578享年49)
獲得ポイント:2,025,230pt
【評価】
生涯負けなしと言われ大将自ら先陣を切った軍神
部下の士気を上げるため防具や戦飯にも工夫

《第1位》

尾張(愛知)
織田信長(1534~1582享年49)
獲得ポイント:3,478,822pt
【評価】
新しい文化、施行を日本に取り入れた
冷酷とも言われたが人を惹きつける魅力がつよい

「戦国武将総選挙」2020年4月27日まとめ

私が番組を観ていて印象に残った武将は“武田信玄”ですね。
武将としての強さと大将として国の主として国を考えた行動に興味を持ちました。

漠然としたイメージしかない戦国時代ですが、確かに残る形跡が私たちの生きる日本で起きていたことだと語っています。

それぞれの土地で国をつくり支えるために兵を率いた武将はもちろん、忘れてはいけないのは、戦国時代には戦う事を選びたくなくてもそれをせずにはいられない人たちもたくさんいらっしゃったことです。

戦を好む人ばかりではないと。

国を開拓しつくってきた武将はもちろん、そういう方たちが時代を生き、今の私たちの時代がある事をちゃんとかみしめないといけないと改めて思います。

そういう時代ではできないことが今の時代だからこそ出来る、選べるという事を理解して前に進まなければいけないと…

有名な武将も名前も知らない一人の国民も時代の流れの中で“選んで”進んだものが自分をつくっているのだと思います。

今回の番組で紹介されたのは歴史のほんの一部でしょうから、私は興味を惹かれた武田信玄の事を調べてみようかと思います。

皆さんが興味を持ったのはどの武将ですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。