Rの法則!10代女子のドン引き行動!男子の意見は?フォローテクも紹介!【10月4日放送・見逃し】

2017年10月4日の18時55分から

NHKEテレで放送される『Rの法則』

今回の放送では10代女子

ドン引き行動について取り上げていました!

男子100人にアンケートを取り、

ドン引きしてしまう女子の特徴言動

発表しました!

ドン引きされているかを

チェックする方法

ドン引きされそうになった時の

フォローテクニックなど、

ドン引きの全てがわかる回となっています!

いったいどのような行動がドン引きされ、

どんな方法で挽回できるのでしょうか?

10代女子の生態に迫るとともに

男子の意見をまとめました!

スポンサードリンク

Rの法則 出演者一覧

【ゲスト】

青山テルマ

藤本敏史

【講師】(VTR出演)

和田裕美

晴香葉子

【司会】

山口達也

秋鹿真人

【出演】

江籠裕奈

川上兼司

木村葉月

涼海花音

野田美桜

浜田彩加

平野宏周

山ノ内凱旋

渡辺碧斗

伊藤小春

北優心

反田葉月

【VTR出演】

木下愛華

小松直樹

鈴原ゆりあ

坪内夕起子

春山明香里

和野優衣菜

【語り】

大江戸よし々

小坂由里子

本日のゲストには青山テルマさんと

フジモン(藤本敏史)さんが出演します!

青山テルマさんはズバズバと

歯に衣着せぬ発言が人気となり、

今回の放送でも自身が体験した

相手のドン引き行動のエピソードも

語ってくれそうですね!

ご意見番的な活躍を期待します!

FUJIWARAのフジモンさんは

意外にも女子力が高いと言われており、

「ブサイクだからこそ頑張る」という

意識を持っているようです!

もしかすると潔癖で神経質かもしれないので、

女子の行動では細かいところで

ドン引きしてしまうかもしれませんね!

Rの法則 内容・見どころ

お菓子を食べたあとに手をなめて

カーペットで拭く!

彼氏がいるのに他の男子と遊んでいる!

借りたシャーペンの消しゴムを使う!

自作のポエム(詩)をSNSに投稿!

友情より恋愛を優先する!

相手によって態度を変える!

かわいい写真があると言って

自撮りしたものを見せる!

好きなアニメについて熱く語りすぎ!

暗い顔で「私もうダメかも…」と言いだす!

周りをドン引きさせてしまう

10代女子たちの生態が明らかになります!

青山テルマさんもドン引き!

そして男子もドン引き!

10代女子たちの驚きの行動を一挙公開!

思わずやってしまった場合の

フォローテクも紹介します!

これを見て学べば、

ドン引きされない人間になれるかも!

他人の評価って判断が難しいですよね!

人によってOK・NGが変わりますし

そのときの状況でも変化します!

今記事では男子100人にアンケートを取り、

一般的な観点からドン引き行動を

ピックアップしていきます!

はたしてどんな行動が男性を

ドン引きさせてしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

Rの法則 ドン引き行動の基準

女子も男子もそうですが、

相手にドン引きされる行動って

何が基準なのか難しいですよね!

法律上問題はないが、

モラル的にアウトだったりしますし!

道徳や倫理は時代によって変化し、

世代によって価値観も違います!

また育ってきた環境で人格は形成されるので、

家庭の在り方次第では常識を逸脱するような

行動を取ることもあります!

多種多様な人が暮らすだけに

空気を読んだり相手の気持ちを考えることは

人間関係を構築する上で必要不可欠ですが、

それが悩みの種になったりしますよね!

だからこそ相手との関係性や

周囲の空気感を察知する人ほど

世渡り上手なのかもしれません!

悪く言えば八方美人ですが!

特に10代という多感な思春期を迎えた年代は

余計なことを深く考えてしまう節もあり、

それでいて大事な場面では抜けたように

思考が働かないという不安定な時期ですね!

「ここは気を抜くところ」

「ここは気を引き締めるところ」

というバランスを取れると

ガス抜きも出来て楽になります!

相手に迷惑をかけないような行動を

頭の中に入れておけば、

おのずとドン引き行動は減ると思います!

筆者も日々の仕事で同僚たちとの関係で

なるべくドン引きされないように

業務を全うしていますが、

あまり深くは考えないようにしています!

仕事や取引先にさえ迷惑をかけなければ、

意外と何とかなりますからね!

Rの法則 女子のドン引き行動一覧

番組で取り上げられた

ドン引き行動がこちら↓

借りたシャーペンの消しゴムを使う

ドン引き度 47%

人の部屋を勝手に物色する

ドン引き度 77%

お菓子で汚れた手で人の物を触る

ドン引き度 77%

自作のポエムをSNSにアップする

ドン引き度 55%

断りもなく知らない友達を連れてくる

ドン引き度 70%

友情よりも恋愛をとる

ドン引き度 77%

いやーどれもありがちですね!

女子に限定された話ではないですが、

自分でオシャレだと思い込んで

やっていることとかも、

はたから見たらすごくダサいですよね!

それと人の気持ちを考えて

迷惑になるようなことは

人としてやってはいけませんね!

ちなみにアンケートをとったところ、

10代女子でドン引きした経験

86%もいました!

ところが逆にドン引きされた経験

21%と少なめ!

ドン引きしたことが86%もいるのに

ドン引きされた経験が21%とは

あまりにも計算が合いませんね!

皆さん気付いていないだけで

何かしらドン引きされているはずです!

スポンサードリンク

Rの法則 ドン引き行動の反応は?

「ドン引きされたことはない」

自分を絶対に疑わない勘違いな人!

単純に気付いていないんですよね!

そこで人はドン引きしたときに

どんな反応を示すのでしょうか?

番組で検証しました!

検証結果がこちら↓

  • 表情を失う
  • 目を見開く
  • 混乱して固まる
  • ドン引き仲間を探す

こんな反応を示している人がいれば、

おそらくドン引きされているかも!

注意して観察する必要がありますね!

Rの法則 ドン引き行動のフォローテクニックは?

専門家の意見をもとに

ドン引きされないテクニックが

紹介されました!

まず自分がどんなタイプに

属するのか検証しましょう!

【ドン引き心理テスト】

犬がなつかないとき、あなたはどうする?

①一緒に遊ぶ

②なでる

③エサをあげる

④放っておく

上記の答えから判明すること↓

“自分が犬だったら何をされたいか”

①一緒に遊ぶ

激変タイプ 危険度40%

夢中のあまり自分の情熱を

伝えすぎてしまいがち!

まずは人の話を聴きましょう!

そして自分の話で熱くなってしまったら

「またやっちゃった、ごめん」の

一言を加えてフォローしましょう!

②なでる

こじらせタイプ 危険度60%

ネガティブ全開のかまってちゃん!

メンヘラな子に多いタイプですね!

フォローテクとしては話の最後に

「聞いてくれてありがとう」と

一言加えましょう!

そうすることで相手も

役割を担ったとスッキリします!

SNSでネガティブな発信をするときは

可愛い物やキレイな景色と合わせて

アップすると印象も和らぎますよ!

③エサをあげる

自分大好きタイプ 危険度80%

そこまで大したことないのに

自分の魅力に絶対の自信を持っている

自分ファーストなタイプ!

基本的に自分以外を認めません!

そんな人はいっそのこと

キャラクターにしましょう!

そうすれば相手もイジりやすくなるので、

場の空気も悪くなりにくいですよ!

④放っておく

無邪気タイプ 危険度90%

思ったことを素直に言い過ぎる

ちょっとヤバイ人!

言って良いことと悪いことの

区別がつかないので、

自覚もなく気付くのが遅れます!

基本的にフォローのしようがないため、

他人を傷つけることが

全て自分に返ってくることにより

自分が傷ついて失敗を繰り返して

成長していくしかありません!

他人の指摘は受け入れましょう!

スポンサードリンク

Rの法則 男子が思う女子のドン引き行動

10代男子にアンケートを取ったところ、

72%の男子がドン引きした経験が

あるらしいですね!

その行動がこちら↓

・大きなイベントだけ騒ぐにわかファン

カープ女子が典型ですね!

・ハロウィーンで見せるリアルすぎる仮装

これは逆に面白いですけどね!

・不意に魅せる衝撃的な顔

素の顔を見るのも楽しいですが!

・集団でトイレに行く

意味不明な団結力は痛々しいですね!

・何でも「カワイイ」と言う

「可愛い」と言ってる自分が大好き女子!

・仲が良いフリをして陰で悪口を言う

女子はみんな女優ですね!

・奢ってもらって当然という態度

人間性が劣っているのでしょうね!

あくまでアンケート結果ですが、

世の中にはもっと素敵な女性がいます!

逆に男性もドン引きされないよう、

気を付けたいところですね!

Rの法則 放送まとめ

10代女子の生態が明らかになりましたが、

あくまで一般的な考えであり、

人によってはOK・NGも変わります!

個人的には相手の素の状態を見ると

逆に嬉しいので、

なるべく自然体でいてくれたほうが

とても安心します!

自分の価値観と合うような人と

巡り合えるといいですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク