SASUKE

SASUKE(サスケ)2019大晦日の結果や完全制覇(優勝者)は?出演者も紹介!【ファイナル年末生放送】

2019年12月31日(火)の夜7時からTBSで放送される大人気スポーツ番組、
『SASUKE』が今年も大晦日に見参です!

昨年に引き続きファイナルステージは生放送で中継となっています。

冬の寒さを吹き飛ばす最強挑戦者100名が鋼鉄の牙城を陥落させるべく集結しました。

21年という長い歴史を持つサスケは今や世界165ヶ国で放送されており、海外で大規模なスポーツイベントとして次々と新星が誕生しております。

第37回となる今大会でも体力自慢のイケイケ男女が集いました。

果たして誰がファイナリストになったのか、そして令和元年の完全制覇達成者はいるのでしょうか?

気になる結果ネタバレ的速報でお伝えします。

また出演者コースもまとめたのでご覧ください。

サスケ2019大晦日 放送内容

1997年に誕生の『SASUKE』も数えること22年という長い歴史を誇ります。

そして37回目の『SASUKE』も大晦日に放送されるなど、年末の風物詩として定着しつつありますね。

ファイナルステージはもちろんSASUKEタワーが出現し、1st・2nd・3rdステージを勝ち上がった者だけが到達できる領域です。

除夜の鐘が鳴る頃の年越しを間近に控えた大晦日の夜に、“鋼鉄の魔城”を捻じ伏せる完全制覇者は現れるのか、最後まで目が離せませんね。

近年のTBSは視聴率の大晦日商戦に弱く、日テレの『ガキの使い 笑ってはいけない』、フジの格闘ビッグイベント『RIZIN』などに押されつつありました。

しかし昨年からサスケは超人気企画なので年末に放送して視聴率戦争に挑んできたので、大晦日はさらに盛り上がる形となりましたね。

[ad#1]

第37回サスケの各ステージ&エリア

1st STAGE(ファーストステージ)

クワッドステップス+ローリングヒル
ウイングスライダー(タイファイター)
フィッシュボーン
ドラゴングライダー
タックル
そり立つ壁

制限時間:88秒

1stステージの難関となっている「ドラゴングライダー」は今年も健在のようですね。

トランポリンで赤いバーを掴み、名前の通りまるで龍の如く滑空してもう1本のバーに飛び移ります。

反動とタイミングがズレてしまうと手に触れることもなく落ちてしまいます。

難易度がかなり高く、数多の参加者が落ちていきましたね。

またフィッシュボーンはマイナーチェンジされて、後半部分に3本ほど逆回転バージョンが待ち構えています。

2nd STAGE(セカンドステージ)

ローリングログ
リングスライダー
サーモンラダー上り+下り
スパイダーウォーク+ドロップ
バックストリーム
リバースコンベア
ウォールリフティング

制限時間:110秒

“乳酸地獄”と評されるほど、スタミナが消費される2ndステージ。

バックストリームやリバースコンベアは動きに逆らうタイプのエリアなので、相当しんどいでしょうね。

ファーストステージに比べて上下の動きが増えるため、体への負荷は高くなっています。

3rd STAGE(サードステージ)

フライングバー+サイドワインダー改
プラネットブリッジ
ウルトラクレイジークリフハンガー
バーティカルリミット改
パイプスライダー

制限時間:なし

「頼れるのは己の指先のみ」というクリフハンガーがあるステージです。

これまで数多の強豪が苦杯を舐めてきたSASUKE名物の山場ですね。

前回から引き続き「プラネットブリッジ」もどう攻略していくのか見ものです。

ボールと壁が対面しており、球は手で、壁は足で突っ張りながら進んでいきます。

壁は動くシステムになっているため、球との距離が変動するという変則的な難関セクション。

このエリアこそ攻略できれば、完全制覇はもうすぐそこですね。

Final STAGE(ファイナルステージ)

スパイダークライム(8m)
サーモンラダー(7m)
綱登り(10m)

制限時間:45秒

“鋼鉄の魔城”の異名を持つラスボスで、今回も赤レンガ倉庫に建てられました。

高さ25mも上るわけですから、腕の疲労はとてつもないですね。

行きつく先は「完全制覇」です!

過去のレジェンドに肩を並べるのはいったい誰なのでしょうか?

[ad#1]

SASUKE2019大晦日 出演者

SASUKE2018冬の出場者をまとめました。

わかりやすく芸能人や有名人に関しては赤字で表示しておきます。

【出場者一覧】
No.1
ファイヤーナイフダンサー
LAGI中谷

No.2
元AKB48
西野未姫

No.3
ウエイトリフティング元日本代表
鳥澤克秀

No.4
書道家芸人・元ファイナリスト
モンキッキー

No.5
蓮田市立黒浜中学校1年
山田航大

No.6
漁師
久米川裕也

No.7
筋肉タレント
松下▽

No.8 欠番

No.9
プロテニスプレーヤー
荒川晴菜

No.10
アスリート俳優
森渉

No.11
外資系コンサルティング会社勤務
端村航

No.12
慶応大学生 モデル
夏秋カミル

No.13
ボーカリスト
TOSHIKI

No.14
航空救難団
字引康

No.15
ビル清掃業
三島流平

No.16
東京都議会議員
桐山ひとみ

No.17
バンダイ SASUKE部 部長
本間隆史

No.18
バンダイ SASUKE部
柳下大空

No.19
バレエダンサー
藤島光太

No.20
ラーメン屋「来来亭」副店長
片桐丈

No.21
川崎市立南河原小 3年2組担任
佐久間光太

No.22
モーグルスキー
岩本憧子

No.23
ボディビルダー兼ホステス
中村真央

No.24
鉄棒おじさん
細井俊孝

No.25
キックボクシング トレーナー
上村昂輝

No.26
住友林業勤務 元体操選手
岸本邦秀

No.27
熊野神社 神主
池野吉啓

No.28
高校教師
今西聡

No.29
味噌会社勤務
大美友人

No.30
化学者 フラッグフットボール代表候補
伊藤耕世

No.31
週刊プレイボーイ編集部
石橋太朗

No.32
松田水道 経営
松田大介

No.33
CYBERJAPAN DANCERS
KAREN

No.34 欠番

No.35
元駅員 俳優
岩城滉太

No.36
航空機組み立て
高平保

No.37
天童市役所勤務
齋藤真也

No.38
幼児園 体育の先生
松村稜

No.39
ゲーマー/株式会社ディー・エヌ・エー勤務
櫻井隆人

No.40
京都大学大学院生
田中大輔

No.41
ペットショップ店員
青木俊聡

No.42
モンゴル代表
バトトゥル

No.43
オーストラリア代表
アシュリン・ハーバート

No.44
香港代表
ジャッキー・ウォン

No.45
モノマネ芸人
ジャッキーちゃん

No.46 欠番

No.47
山田軍団 黒虎
山本良幸

No.48
山田軍団 黒虎
伊佐嘉矩

No.49
山形県庁 職員
多田竜也

No.50
「東大王」メンバー
砂川信哉

No.51
元NHKアナウンサー
登坂淳一

No.52
タレント
井上咲楽

No.53
俳優
髙橋颯

No.54
マッチョ29
レストレポ

No.55
アクション俳優
才川コージ

No.56
競泳 北京五輪銅メダリスト
宮下純一

No.57
カーデザイナー
荒木直之

No.58
ジュノンボーイファイナリスト
加藤玲大

No.59
元プロ野球選手
岡田幸文

No.60
キタガワ電気 店長
日置将士

No.61
元体操選手
池谷直樹

No.62
マグロ解体職人
秋山紘樹

No.63
パントマイムアーティスト
前田秀

No.64
航空自衛官 パイロット
大久保祥

No.65
消防士
菊地駿佑

No.66
アメリカンフットボール/フランキー堺の孫
堺悠一朗

No.67
国際派俳優
高野海琉

No.68
学校給食調理師
菅野一喜

No.69
漁師
湊想

No.70
株式会社Looop / だんじり男
新谷一将

No.71
ペナルティ
ワッキー

No.72
獣医師
宮後翔平

No.73
「脱げるカラダ」グランプリ
中川浩司

No.74
客室乗務員
森田真宝

No.75
厚木市立藤塚中 体育教師
鈴木祐輔

No.76
イギリス代表
アリ・ヘイ

No.77
女性版SASUKE「KUNOICHI」代表
大嶋あやの

No.78
YouTubeクリエイター「TWINS」
コウ

No.79
イスラエル代表
ギル・マランツ

No.80
トランポリンパフォーマー
長崎峻侑

No.81
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

No.82
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
浦川翔平

No.83
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
武知海青

No.84
SASUKE唯一の皆勤賞
山本進悟

No.85
ビルメンテナンス
菅野仁志

No.86
ジャニーズJr.「Snow Man」
岩本照

No.87
A.B.C-Z
塚田僚一

No.88
ドイツ代表 象つかい
レネ・キャスリー

No.89
ボクシング世界チャンピオン
京口紘人

No.90
栄光ゼミナール 講師
山本桂太朗

No.91
配管工
又地諒

No.92
アメリカ男子代表
ジェイミー・ラーン

No.93
陸上選手 北京オリンピック銀メダリスト
塚原直貴

No.94
パルクール指導員
佐藤惇

No.95
棒高跳 世界陸上2連覇
サムケンドリクス

No.96
靴のハルタ 営業
漆原裕治

No.97
ゴールデンボンバー ドラム
樽美酒研二

No.98
アメリカ女子代表
ジェシー・グラフ

No.99
クライミングシューズメーカー取締役
川口朋広

No.100
完全制覇のサスケくん
森本裕介

 

個人的に応援していた朝一眞さんが今年も出場しません。

バチバチに気合が入った姿勢が大好きでいつも応援していたのですが、常連メンバーだったので非常に残念です!

「気持ちや気持ちー!!」と叫んでいる姿を見られないのは惜しいですね。

家庭や仕事が忙しいのかもしれません。

もし心の炎が燃え尽きていないのであれば、またあの勇姿を見せてほしいですね。

[ad#1]

SASUKE歴代完全制覇者&ファイナリスト

サスケ過去の大会において各ステージをクリアしていった強者を紹介します。

歴代の完全制覇者をまとめましたが、ファイナリストがいなかった大会は除外させていただきます。

※日付は放送日

第1回大会1997年9月27日
【ファイナリスト】
大森晃、川島孝幸、長谷川健、楊崇
【完全制覇者】
なし

第2回大会1998年9月26日
【ファイナリスト】
田中光、大森晃
【完全制覇者】
なし

第3回大会1999年3月13日
【ファイナリスト】
山田勝己、山本進悟、大森晃、
山本達也、松本稔
【完全制覇者】
なし

第4回大会1999年10月16日
【ファイナリスト】
秋山和彦
【完全制覇者】
秋山和彦(6.0秒残し)

第7回大会2001年3月17日
【ファイナリスト】
山本進悟
【完全制覇者】
なし

第8回大会2001年9月29日
【ファイナリスト】
ケイン・コスギ、ヨルダン・ヨブチェフ
【完全制覇者】
なし

第11回大会2003年3月21日
【ファイナリスト】
長野誠
【完全制覇者】
なし

第12回大会2003年10月1日
【ファイナリスト】
長野誠、白鳥文平、朝岡弘行
【完全制覇者】
なし

第13回大会2004年4月6日
【ファイナリスト】
長野誠
【完全制覇者】
なし

第17回大会2006年10月11日
【ファイナリスト】
長野誠、長崎峻侑
【完全制覇】
長野誠(2秒56残し)

第22回大会2009年3月30日
【ファイナリスト】
漆原裕治
【完全制覇者】
なし

第23回大会2009年9月27日
【ファイナリスト】
長野誠、菅野仁志
【完全制覇者】
なし

第24回大会2010年1月1日
【ファイナリスト】
漆原裕治、橋本亘司、奥山義行、
高橋賢次、リー・エンチ
【完全制覇】
漆原裕治(3.57秒残し)

第27回大会2011年10月3日
【ファイナリスト】
漆原裕治、又地諒
【完全制覇者】
漆原裕治(6.71秒残し)

第30回大会2014年7月3日
【ファイナリスト】
又地諒、川口朋広
【完全制覇者】
なし

第31回大会2015年7月1日
【ファイナリスト】
森本裕介
【完全制覇者】
森本裕介(2.59秒残し)

第35回大会2018年3月26日
【ファイナリスト】
森本裕介
【完全制覇者】
なし

第36回大会2018年12月31日
【ファイナリスト】
森本裕介
【完全制覇者】
なし

最後のファイナリストは2018年12月31日のSASUKE2018大晦日大会でした。

過去に完全制覇も成し遂げた経験を持つサスケ君こと森本裕介さんです。

それに2010年以降は最終ステージ進出者がちょっと少ない印象があります。

それだけハイレベルなステージに進化しているSASUKE、今回こそ完全制覇者が出てほしいです。

あわせて読みたい
SASUKE(サスケ)2018大晦日(年末)の結果&ネタバレ!完全制覇(優勝者)は?【冬12月31日生放送】 年末もいよいよ大晦日となりました! 皆さんにとって2018年はどんな1年間を 過ごしてきましたか? 良いことも...

[ad#1]

第37回サスケの完全制覇予想

誰が完全制覇するのか予想してみましたが、やはり大本命はサスケ君こと森本裕介さんが完全制覇に一番近いと思います。

前回大会でも素晴らしい活躍でしたし、”勝ち癖”が付いているような気がしますね。

おそらくファイナルステージには進めると思いますので、去年の悔しさを晴らせてもらいたいです。

またゴールデンボンバーの樽美酒研二さんは気合の入り方が尋常じゃないですよね。

前回はサードステージまで進めましたから、今度こそファイナリストに入るためにも勢いを落とさず頑張ってもらいたいです。

あと個人的に期待している出場者がアメリカ代表のジェシー・グラフさんです。

女性ながらサードステージまで進出した実績を持っているので、今大会の黒船集団で最も活躍しそうですね。

常連メンバーだったドリュー・ドレッシェルさんが欠場していますが、今回も新たな強豪外国人が多く参戦しています。

日本人も海外勢に押されないよう気合いを入れて完全制覇を目指してほしいですね!

[ad#1]

SASUKE2019 1st STAGEのクリア結果

【障害物構成】
クワッドステップス+ローリングヒル
ウイングスライダー(タイファイター)
フィッシュボーン
ドラゴングライダー
タックル
そり立つ壁

制限時間:88秒(女子は120秒)

【ファーストステージ攻略者】

No.47
山田軍団 黒虎
山本良幸 残り9秒44

No.48
山田軍団 黒虎
伊佐嘉矩 残り6秒59

No.49
山形県庁 職員
多田竜也 残り6秒93

No.55
アクション俳優
才川コージ 残り1秒90

No.60
キタガワ電気 店長
日置将士 残り3秒38

No.75
厚木市立藤塚中 体育教師
鈴木祐輔 残り4秒95

No.88
ドイツ代表 象つかい
レネ・キャスリー 残り4秒05

No.94
パルクール指導員
佐藤惇 残り20秒21

No.96
靴のハルタ 営業
漆原裕治 残り5秒80

No.98
アメリカ女子代表
ジェシー・グラフ 残り31秒50

今回は10名がセカンドステージに進むことができました。

サスケオールスターズや常連組が脱落していく中、山田軍団の黒虎メンバーがやっとファーストステージをクリアすることができましたね。

そしてなんといっても最大の番狂わせが、サスケくんこと森本裕介さんがファーストステージのそり立つ壁で脱落してしまいました。

何か魔物が住んでいるのか、波乱の展開となってきましたね。

セカンドステージ以降はどうなるのでしょうか?

 

Twitter でトレンドホヤホヤをフォローしよう!

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。