最強スポーツ統一戦

最強スポーツ統一戦2019の結果や優勝は?出演者とバトル種目も紹介!【フジテレビ12月30日放送】

2019年12月30日(月)の午後6時からフジテレビで放送されるスポーツ特番、
『最強スポーツ統一戦2019』

様々なスポーツにおける一流のアスリート35名が集い、超ハイレベルな競技種目で対決しました。

まさに異種競技対決とも言えるスポーツ系バラエティ番組ですね。

とはいっても人気競技のスター選手たちが種目別の選抜チームとなり、それぞれの競技の代表として他競技チームと真剣勝負を繰り広げます!

スターアスリートが競技の威信を背負って勝負に挑むため、バラエティとは思えないほど白熱する企画ですね。

肉体や頭脳と作戦を駆使し、何より気持ちを昂らせて各選手の潜在能力が発揮されます。

競技スポーツの垣根を超えた誰も見たことのない究極の団体戦で優勝するのはどのスポーツのチームなのでしょうか?

気になる結果出演者を紹介します。

スポンサードリンク

最強スポーツ統一戦2019出演者

【総合司会】
中居正広

【MC】
小島瑠璃子

【実況】
佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)

【リポーター】
井上清華(フジテレビアナウンサー)

【VTR出演】
坂本勇人
菅野智之
丸佳浩
炭谷銀仁朗
岡本和真
小林誠司
中川皓太
大城卓三
元木大介
勝みなみ
原英莉花

MCには中居正広さんと小島瑠璃子さんが起用されています。

中居さんは野球をメインにスポーツ系の仕事が多いので、アスリートとの絡みも慣れているでしょうね。

小島瑠璃子さんもラグビーのサポートキャスターとして今年のワールドカップを盛り上げてくれましたし、司会進行は素晴らしいキャスティングだと思います。

ただ中居さんが野球チームに肩入れしすぎなければいいですけど(笑)

スポンサードリンク

最強スポーツ統一戦2019放送内容

スポーツの垣根を越えた誰も見たことのない究極の団体戦が開幕します。

ボクシング、サッカー、野球、ラグビー、ハンドボール、陸上など、出場者には競技ごとにチームを組み、団体戦でオリジナルスポーツ競技に挑戦してもらいます。

身体能力と潜在能力、時には頭脳と作戦を駆使して、どのスポーツが最強なのかを決定する新しいスポーツの祭典ですね。

6つの人気スポーツから今をときめくスター選手、伸び盛りの若手、往年の名選手たちから構成されたチームを組み、番組オリジナルのスポーツに挑みます。

各競技で1位:50pt、2位:30pt、3位:20pt、
4位:10pt、5位:5pt、6位:0ptが与えられます。

最終的な総合点でどのチームが「最強のスポーツ」なのかを決定します。

10メートル先のゴールを目指して一斉にスタート、瞬発力を競う「ジャスト10(テン)メーター」や、天井から垂らしたロープを登り切るまでのタイムを争い、筋力を競う「パワークライミング」。

光の点滅するボードを素早く押し、動体視力を競う「タッチオブウォー」や、上から落ちてくるボールをキャッチし、反射神経とスピードを競う「ドロップボールキャッチング」。

15メートル先の風船に向かってダーツを投げ、集中力を競う「ダーツスナイパー」、敵味方関係なく全選手が同じスペースでドッジボールをし、チームワークを競う「アルティメットドッジボール」。

その他にもオリジナルの競技が続々登場するので、非常に見応えのある4時間SPですね。

アスリートたちの意地とプライドがぶつかり合う真剣勝負の数々に、予想外の展開や奇跡のプレーが見れるかもしれません。

果たして真の「最強スポーツ」はいったいどのスポーツなのでしょうか?

スポンサードリンク

一流アスリート対決 チーム別の出場者

野球チーム

山田哲人
東京ヤクルトスワローズ/世界野球代表

塩見泰隆
東京ヤクルトスワローズ

周東佑京
福岡ソフトバンクホークス/世界野球代表

甲斐野 央
福岡ソフトバンクホークス/世界野球代表

神里和毅
横浜DeNAベイスターズ

島野愛友利
神戸弘陵高校 女子硬式野球部

サッカーチーム

田中マルクス闘莉王
元サッカー日本代表

坪井慶介
元サッカー日本代表

林 彰洋
FC東京/元サッカー日本代表

那須大亮
ヴィッセル神戸/元サッカー日本代表

武田修宏
元サッカー日本代表

永里優季
シカゴ・レッドスターズ/元なでしこジャパン

ラグビーチーム

伊藤剛臣
元ラグビー日本代表

大西将太郎
元ラグビー日本代表

ホラニ龍コリニアシ
元ラグビー日本代表
パナソニックワイルドナイツ FWコーチ

姫野和樹
ラグビーW杯2019日本代表
トヨタ自動車ヴェルブリッツ

木津悠輔
ラグビーW杯2019日本代表
トヨタ自動車ヴェルブリッツ

茂野海人
ラグビーW杯2019日本代表
トヨタ自動車ヴェルブリッツ

竹山晃暉
パナソニックワイルドナイツ

江渕まこと
ラグビー女子15人制日本代表
横河武蔵野アルテミ・スターズ

ボクシングチーム

井上尚弥
WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者
WBSSバンタム級優勝

井上拓真
前WBC世界バンタム級王者

伊藤雅雪
前WBO世界スーパーフェザー級王者

山中慎介
元WBC世界バンタム級王者

鈴木なな子
日本女子フライ級3位

陸上チーム

藤光謙司
2017世界陸上 400mリレー 銅メダリスト
ゼンリン

白石黄良々
2019世界陸上 400mリレー 銅メダリスト
セレスポ

室伏由佳
2004年アテネオリンピック女子ハンマー投代表
順天堂大学スポーツ健康科学部講師

木村文子
2019世界陸上 女子100mハードル代表
エディオン

柏村亮太
2016・2017ハンマー投げ全日本王者
ヤマダ電機

ハンドボールチーム

宮﨑大輔
ハンドボールWC2019日本代表
日本体育大学

東江雄斗
ハンドボールWC2019日本代表
大同特殊鋼フェニックス

玉川裕康
ハンドボールWC2019日本代表
大崎電気 OSAKI OSOL

土井レミイ杏利
ハンドボールWC2019日本代表
大崎電気 OSAKI OSOL

渡部真綾
ハンドボールアジア選手権2018日本代表

スポンサードリンク

最強スポーツ統一戦2019競技種目

1stバトル 瞬発力で戦え「ジャスト10(テン)メーター」

全長10メートルの距離をいかに早く走ることができるかを競う超短距離走です。

スタートに早く反応する反射神経と突発的に最大限の力を出せる瞬発力が要求されるので、真の超短距離最速王が決まることになりそうですね。

2ndバトル 筋力で戦え「パワークライミング」

天井から垂らしたロープを登り切るまでのスピードを競います。

ロープの長さは6mで、座った状態からスタートし、ロープ真横にあるボタンを押したらフィニッシュです。

自体重も大きく関係するため、単純な力勝負にならないのも勝敗のポイントになるかもしれません。

3rdバトル 反射神経で戦え「ドロップボールキャッチング」

落ちてくる10個のボールをいくつキャッチできるのか競います。

反射神経の良し悪しで勝負が決まりそうなので、いかに神経を研ぎ澄ますことが出来るのか注目です。

4thバトル 動体視力で戦え「タッチオブウォー」

30秒の間で光った個所をより多く押した方のチームが勝利となります。

同時に同じ場所が光り、早く押した選手のみがポイント奪取する1対1のバトルですね。

5thバトル 集中力で戦え「ダーツスナイパー」

15m離れた場所からダーツを投げて、真ん中の赤い風船をより少ない投球数で割ったチームが勝利です。

赤い風船を割れなかった場合は、白い風船を割った数をカウントします。

チーム全員で力を合わせ、極限の緊張状態の中で正確性を競います。

チームの雰囲気が勝負の行方を左右するかもしれません。

6thバトル 持久力と記憶力で戦え「ハイパーブレインバイク」

自転車で時速20kmをキープしながら1~100の数字をランダムに答えていく競技です。

6チームの代表6人が一斉にスタートし、時速20キロをキープしながら1~100の中から数字を1つずつ言っていきます。

同じ数字言ったり、時速20キロ下回った選手は脱落です。

体力を奪われた状況での記録力を競う過酷なバトルですね。

7thバトル 勝負運で戦え「ボーナスチャレンジ」

成功すればポイント2倍になるビッグチャレンジです。

何が起こるか分からない謎のバトルらしいので、結果次第では一気に戦況が変わるかもしれません。

チームの運命を託すボーナスチャレンジですね。

Finalバトル アスリートの総合力で戦え「アルティメットドッジボール」

最後は全チームが激突するシンプルな種目、ドッジボール対決です。

反射神経・俊敏性など肉体の総合力で競う究極のサバイバルゲームですね。

残った人数×50ptなので、最大で150ptを獲得することができます。

生き残るのはどのチームなのでしょうか?

スポンサードリンク

最強スポーツ統一戦2019の結果

1stバトル「ジャスト10(テン)メーター」

【チーム野球】
第1走者:塩見泰隆
第2走者:島野愛友利
第3走者:周東佑京
【チームサッカー】
第1走者:武田修宏
第2走者:永里優季
第3走者:坪井慶介
【チームラグビー】
第1走者:大西将太郎
第2走者:江渕まこと
第3走者:竹山晃暉
【チームボクシング】
第1走者:伊藤雅雪
第2走者:鈴木なな子
第3走者:井上尚弥
【チーム陸上】
第1走者:白石黄良々
第2走者:木村文子
第3走者:藤光謙司
【チームハンドボール】
第1走者:土井レミイ杏利
第2走者:渡部真綾
第3走者:宮﨑大輔

【第1レース結果】
1位:陸上 白石黄良々 2秒17
2位:ハンドボール 土井レミイ杏利 2秒24
3位:野球 塩見泰隆 2秒31
4位:サッカー 武田修宏 2秒48
5位:ボクシング 伊藤雅雪 2秒49
6位:ラグビー 大西将太郎 2秒50

【第2レース結果】
1位:陸上 木村文子 2秒34
2位:ハンドボール 渡部真綾 2秒48
3位:サッカー 永里優季 2秒50
3位:ラグビー 江渕まこと 2秒50
5位:野球 島野愛友利 2秒56
6位:ボクシング 鈴木なな子 2秒76

【第3レース結果】
1位:ハンドボール 宮﨑大輔 2秒17
2位:陸上 藤光謙司 2秒24
3位:ラグビー 竹山晃暉 2秒27
4位:ボクシング 井上尚弥 2秒32
4位:サッカー 坪井慶介 2秒32
6位:野球 周東佑京 2秒56 スタートでつまづく

【合計】
1位:チーム陸上 6秒75
2位:チームハンドボール 6秒89
3位:チームラグビー 7秒27
4位:チームサッカー 7秒30
4位:チーム野球 7秒43
6位:チームボクシング 7秒57

2ndバトル「パワークライミング」

チーム野球 山田哲人
チームサッカー 坪井慶介
チームラグビー 竹山晃暉
チームボクシング 井上拓真
チーム陸上 室伏由佳
チームハンドボール 宮﨑大輔

【結果】
1位:ボクシング 井上拓真 11秒29
2位:野球 山田哲人 11秒66
3位:サッカー 坪井慶介 11秒80
4位:ハンドボール 宮﨑大輔 12秒89
5位:ラグビー 竹山晃暉 13秒78
6位:陸上 室伏由佳 記録なし

3rdバトル「ドロップボールキャッチング」

チーム野球 神里和毅
チームサッカー 林 彰洋
チームラグビー 伊藤剛臣
チームボクシング 井上尚弥
チーム陸上 柏村亮太
チームハンドボール 玉川裕康

【結果】
1位:ハンドボール 玉川裕康 8個
2位:ボクシング 井上尚弥 7個
3位:野球 神里和毅 6個
4位:サッカー 林 彰洋 5個
5位:ラグビー 伊藤剛臣 4個
6位:陸上 柏村亮太 3個

4thバトル「タッチオブウォー」

【1回戦】
勝:サッカー 永里優季 16回
vs
負:ボクシング 鈴木なな子 8回

勝:陸上 白石黄良々 22回
vs
負:ハンドボール 東江雄斗 5回

負:野球 甲斐野 央 11回
vs
勝:ラグビー 木津悠輔 16回

※野球チーム敗者復活

【準決勝】
勝:サッカー 永里優季 23回
vs
負:陸上 白石黄良々 7回

勝:ラグビー 木津悠輔 26回
vs
負:野球 島野愛友利 3回

【決勝】
勝:サッカー 永里優季 25回
vs
負:ラグビー 木津悠輔 9回

【結果】
チームサッカー 永里優季

5thバトル「ダーツスナイパー」

【1組目】
野球チーム:白7個
【2組目】
ボクシングチーム:12投目で成功
【3組目】
ハンドボールチーム:10投目で成功
【4組目】
サッカーチーム:14投目で成功
【5組目】
ラグビーチーム:白5個
【6組目】
陸上チーム:1投目で成功

【結果】
1位:陸上チーム 1投目で成功
2位:ハンドボールチーム 10投目で成功
3位:ボクシングチーム 12投目で成功
4位:サッカーチーム 14投目で成功
5位:野球チーム 白7個
6位:ラグビーチーム 白5個

6thバトル「ハイパーブレインバイク」

チーム野球 周東佑京
チームサッカー 那須大亮
チームラグビー 竹山晃暉
チームボクシング 伊藤雅雪
チーム陸上 白石黄良々
チームハンドボール 渡部真綾

【結果】脱落順
1位:ボクシングチーム
2位:ラグビーチーム
3位:野球チーム
4位:陸上チーム
5位:サッカーチーム
6位:ハンドボールチーム

7thバトル「ボーナスチャレンジ」

チーム野球:Bet90pt
チームサッカー:Bet40pt
チームラグビー:Bet90pt
チームボクシング:Bet55pt
チーム陸上:Betなし
チームハンドボール:Bet70pt

【結果】
チーム野球:失敗 90pt→0pt
チームサッカー:成功 105pt→145pt
チームラグビー:失敗 90pt→0pt
チームボクシング:失敗 155pt→100pt
チーム陸上:130pt→130pt
チームハンドボール:成功 120pt→190pt

Finalバトル「アルティメットドッジボール」

【チーム野球】
山田哲人、塩見泰隆、島野愛友利
【チームサッカー】
永里優季、林 彰洋、那須大亮
【チームラグビー】
ホラニ龍コリニアシ、竹山晃暉、大西将太郎
【チームボクシング】
伊藤雅雪、井上拓真、山中慎介
【チーム陸上】
藤光謙司、柏村亮太、木村文子
【チームハンドボール】
土井レミイ杏利、宮﨑大輔、東江雄斗

【結果】
チームボクシングの3人勝ち残り
150pt獲得

スポンサードリンク

最強スポーツ統一戦2019の総合優勝

総合優勝を果たしたのは第1回目の大会に引き続き、ボクシングチームとなりました!

最後のドッジボールで全員生き残ったのが大きかったですね。

【最終順位】
1位:チームボクシング250pt
2位:チームハンドボール190pt
3位:チームサッカー145pt
4位:チーム陸上130pt
5位:チームラグビー0pt
5位:チーム野球0pt

2年連続で優勝するとは、最後まで何が起こるのかわからない最強スポーツ統一戦。

来年も激戦必至だと思うので楽しみですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。