SASUKE

SASUKE(サスケ)2018大晦日(年末)の結果&ネタバレ!完全制覇(優勝者)は?【冬12月31日生放送】

年末もいよいよ大晦日となりました!

皆さんにとって2018年はどんな1年間を

過ごしてきましたか?

良いことも悪いことも来たる2019年へ

向けて糧にしたいところですね!

まあ嫌な思い出は吹き飛ばしたいですが!

そこでTBSでは2018年12月31日(月)の

夜6時から『SASUKE2018冬』

WBO世界スーパーフライ級王座に挑戦する

井岡一翔選手の試合と同時放送です!

ファイナルステージ生放送とのこと!

冬の寒さを吹き飛ばす最強挑戦者100名が

鋼鉄の牙城を陥落させるべく集結しました!

21年という長い歴史を持つサスケは今や

世界165ヶ国で放送されており、

海外で大規模なスポーツイベントとして

次々と新星が誕生しております!

第36回となる今大会でも体力自慢の

イケイケ男女が集いました!

タレント・芸人・アスリート・格闘家、

その他様々な職業や肩書を背負っている

個性派チャレンジャーにも注目です!

誰がファイナリストになったのか、

非常に気になるところですね!

赤レンガ倉庫へ辿り着いた参加者は

何人くらい現れたのでしょうか?

果たして完全制覇者はいったい・・・?

今記事では気になる出場者結果

速報でご紹介いたします!

ステージの難関エリアもまとめました!

スポンサードリンク

サスケ2018大晦日 出演者&実況

ファイナルステージは生放送となり、

実況はなんと安住紳一郎アナウンサー

担当されるらしいですね!

TBS屈指の名アナウンサーが登場です!

ただスポーツ実況の印象が薄いので、

視聴者にどれだけ臨場感を伝えられるのか

気になるところではありますね!

まあ単純にアナウンサーとしての実力は

間違いないので大丈夫でしょうけど!

スポンサードリンク

SASUKE2018年末 放送内容

今回で36回大会を迎える『SASUKE』は、

ボクシング・井岡一翔選手の世界戦との

合体番組として6時間も放送されます!

題して『平成最後の大晦日スペシャル!SASUKE2018&ボクシング井岡一翔世界タイトルマッチ』

というタイトルとなっています!

文字数多くて長いですね~!笑

 

1997年に誕生の『SASUKE』も数えること

21年という長い歴史を誇ります!

そして36回目の『SASUKE』は番組史上初の

大晦日に放送されるんですよね!

しかもファイナルステージは聖地・緑山を

飛び出して横浜の赤レンガ倉庫で行われ、

SASUKEタワーが登場してきます!

近年のTBSは視聴率の大晦日商戦に弱く、

日テレの『ガキの使い 笑ってはいけない』、

フジの格闘ビッグイベント『RIZIN』などに

押されつつあるみたいですね!

サスケは超人気企画なので年末に放送して

視聴率戦争に挑むのは良い案だと思います!

 

赤レンガから生放送のファイナルステージに

進出する猛者は現れるのでしょうか?

除夜の鐘が鳴る頃の年越しを間近に

控えた大晦日の夜に“鋼鉄の魔城”

捻じ伏せる完全制覇者は現れるのか、

最後まで目が離せませんよ!

スポンサードリンク

第36回サスケの各ステージ&新エリア紹介

ファーストステージ

クワッドステップス+ローリングヒル
ウイングスライダー(タイファイター)
フィッシュボーン
ドラゴングライダー
タックル
そり立つ壁

制限時間:85秒

 

春大会の1stステージから新エリアとして

「ドラゴングライダー」が加わりました!

トランポリンで赤いバーを掴み、

名前の通りまるで龍の如く滑空して

もう1本のバーに飛び移ります!

反動とタイミングがズレてしまうと

手に触れることもなく落ちてしまいます!

これは難易度がかなり高いですね!

セカンドステージ

リングスライダー
サーモンラダー上り+下り
スパイダーウォーク+ドロップ
バックストリーム
リバースコンベア
ウォールリフティング

制限時間:110秒

 

“乳酸地獄”と評されるほど、

スタミナを消費される2ndステージ!

バックストリームやリバースコンベアは

動きに逆らうタイプのエリアなので

相当しんどいでしょうね!

サードステージ

フライングバー+サイドワインダー改
プラネットブリッジ
ウルトラクレイジークリフハンガー
バーティカルリミット改
パイプスライダー

制限時間:なし

 

「頼れるのは指先のみ」という

クリフハンガーがあるステージです!

これまで数多の強豪が苦杯を舐めてきた

3rdステージの山場ですね!

このエリアこそ攻略できれば、

完全制覇はもうすぐそこです!

そして春の大会から採用された新しい

エリアの「プラネットブリッジ」も

どう攻略していくのか見ものですね!

ボールと壁が対面しており、

球は手で、壁は足で突っ張りながら

進んでいきます!

壁は動くシステムになっているため、

球との距離が変動します!

ファイナルステージ

スパイダークライム(8m)
サーモンラダー(7m)
綱登り(10m)

制限時間:45秒

 

“鋼鉄の魔城”の異名を持つラスボスです!

高さ25mも上るわけですから、

腕の疲労はとてつもないですね!

行きつく先は「完全制覇」です!

過去のレジェンドに肩を並べるのは

いったい誰なのでしょうか?

スポンサードリンク

第36回SASUKE大会の出場者一覧

SASUKE2018冬の出場者をまとめました!

わかりやすく芸能人や有名人に関しては

赤字で表示しておきますね!

 

01:長谷川まもる(フラッグパフォーマー)
02:松井奏凪人(相撲中学生)
03:鳥澤克秀(ウェイトリフティング元日本代表)
04:佐久間光太(川崎市立南河原小3年担任)
05:松木智洋(花屋さん)
06:植森翔(LINE営業担当)
07:金子俊輔(郵便局主任)
08:鎌田順次(バス運転手)
09:星和文(花火職人)
10:湊想(漁師)
11:KAZUMA(大道芸パフォーマー)
12:黒田雄太(ゴーゴーダンサー)
13:木村育史(サウナ支配人)
14:野川大介(菓子製造業 大福職人)
15:吉田祥麻(化粧品研究員)
16:村田嵐(プロサーファー)
17:長田太地(京⼤SASUKEサークル)
18:滝⼝由太(道の港まるたけ三代⽬)
19:如澤厚(酪農家)
20:菅原義弘(専業農家)
21:松本礼(スラックライン)
22:安藤雪乃(保健体育教師)
23:下條雄太郎(ボートレーサー)
24:小林透尉(醤油屋さん)
25:益子秀一(ニトリ)
26:荒川晴菜(プロテニスプレーヤー)
27:鈴木那智(RIZAP創業メンバー)
28:山本丈太郎(競歩高校生)
29:櫻井雄紀(タクシー運転手)
30:高木飛鳥(警察官)
31:大山未希(ビーチバレー選手)
32:堺悠一朗(味の素 営業)
33:木内翼(国際弁護士)
34:服部優希(引っ越し屋さん)
35:白石真教(歯科医院院長)
36:西野未姫(元AKB48)
37:三好章善(歯科技工士)
38:鈴木光一(ゴルフインストラクター)
39:太田隆司(小学校教師)
40:秋山鉱樹(マグロ解体職人)
41:Mr.シャチホコ(ものまねタレント)
42:石橋太朗(週刊プレイボーイ編集部)
43:本間隆史(バンダイ SASUKE部 部長)
44:勢能丈(少年院 法務教官)
45:宗秀明(海士)
46:石田たくみ(お笑いコンビ カミナリ)
47:佐藤健太郎(魔法少女サイト 漫画家)
48:権藤優樹(陸上自衛官)
49:髙橋直樹(海上保安官)
50:星野海成(航空自衛官)

スポンサードリンク

51:KAREN(CYBERJAPAN DANCERS)
52:岩本照(ジャニーズJr. Snow Man)
53:砂川信哉(東大王メンバー)
54:河野泰佑(プロSHOWROOMER)
55:萱野稔人(津田塾大学 学部長)
56:前田瑞貴(黒虎 特別支援学級職員)
57:伊佐嘉矩(⿊⻁ 十種種目競技選手)
58:キム・ジングク(陸上 元韓国代表)
59:金原研司(男子チアリーディング)
60:松田大介(松田水道 経営)
61:石倉ノア(モデル「テラスハウス」出演)
62:ぺえ(おネェタレント)
63:荒木直之(カーデザイナー)
64:MAXIMA(プロダブルタッチプレイヤー)
65:吉澤周造(元プロバスケットボール選手)
66:喜矢武豊(ゴールデンボンバー ギター)
67:渡部修斗(プロ総合格闘家)
68:青木悠介(俳優)
69:近藤宏紀(体操元日本代表)
70:森本公人(陸上十種競技 日本代表候補)
71:日置将士(キタガワ電気 店長)
72:渡部涼(消防本部 特別救助隊)
73:多田竜也(山形県庁 職員)
74:國友卓槙(人力車 車夫)
75:宇賀神翔悟(足場職人)
76:森渉(アスリート俳優)
77:大嶋あやの(KUNOICHI代表)
78:ステファニー・ノービンガー(NINJA WARRIORオーストリア代表)
79:コウ/TWINS(双子YouTubeクリエイター)
80:塚田僚一(A.B.C-Z)
81:山本進悟(SASUKE唯一の皆勤賞)
82:鈴木祐輔(厚木中学校 体育教師)
83:中川貴晴(ソサイチ日本代表)
84:長島哲太(MotoGPプロライダー)
85:竹田敏浩(SASUKEオールスターズ)
86:卜部弘嵩(K-1スーパーフェザー級元世界王者)
87:田中健司(フィンスイミング世界2位)
88:YOH(新日本プロレス)
89:ベンジャミン・トイヤー(NINJA WARRIORオーストラリア代表)
90:グエン・ドアン・トー(SASUKEベトナム代表)
91:山本聖途(棒高跳日本代表 アジア大会金メダル)
92:又地諒(配管工 元ファイナリスト)
93:山本桂太朗(栄光ゼミナール講師)
94:長崎峻侑(トランポリンパフォーマー 元ファイナリスト)
95:漆原裕治(靴のハルタ 営業 完全制覇2回)
96:佐藤惇(パルクール指導員)
97:ドリュー・ドレッシェル(NINJA WARRIORアメリカ代表)
98:樽美酒研二(ゴールデンボンバー ドラム)
99:川口朋広(クライミングシューズメーカー取締役)
100:森本裕介(完全制覇のサスケくん)

 

第36回大会の出場メンバーを見ていて

個人的にちょっと残念なのが、

常連だった朝一眞(あさかずま)さんが

出場していないんですよね!

バチバチに気合が入った姿勢が大好きで

いつも応援していたのですが、

前回同様に今回も出場しないようです!

「気持ちや気持ちー!!」と叫んでいる姿を

見られないのは惜しいですね!

 

またKUNOICHI代表の大嶋あやのさんにも

個人的には注目しています!

OLでありながら抜群の身体能力を誇り、

KUNOICHI2018では度肝を抜かれました!

”女版長野誠”とも評されていましたね!

そして顔も美人でかわいい方なんです!

筋肉美でスタイル良くて華がありますよね!

完全制覇を目指して頑張ってほしいです!

※KUNOICHI2018については以下の
記事で紹介しています

スポンサードリンク

サスケの歴代完全制覇者&ファイナリスト紹介

サスケ過去の大会において各ステージを

クリアしていった強者を紹介します!

歴代の完全制覇者をまとめましたが、

ファイナリストがいなかった大会

除外させていただきますね!

※日付は放送日

 

第1回大会1997年9月27日

【ファイナリスト】
大森晃、川島孝幸、長谷川健、楊崇

【完全制覇者】
なし

 

第2回大会1998年9月26日

【ファイナリスト】
田中光、大森晃

【完全制覇者】
なし

 

第3回大会1999年3月13日

【ファイナリスト】
山田勝己、山本進悟、大森晃、
山本達也、松本稔

【完全制覇者】
なし

 

第4回大会1999年10月16日

【ファイナリスト】
秋山和彦

【完全制覇者】
秋山和彦(6.0秒残し)

 

第7回大会2001年3月17日

【ファイナリスト】
山本進悟

【完全制覇者】
なし

 

第8回大会2001年9月29日

【ファイナリスト】
ケイン・コスギ、ヨルダン・ヨブチェフ

【完全制覇者】
なし

 

第11回大会2003年3月21日

【ファイナリスト】
長野誠

【完全制覇者】
なし

 

第12回大会2003年10月1日

【ファイナリスト】
長野誠、白鳥文平、朝岡弘行

【完全制覇者】
なし

 

第13回大会2004年4月6日

【ファイナリスト】
長野誠

【完全制覇者】
なし

 

第17回大会2006年10月11日

【ファイナリスト】
長野誠、長崎峻侑

【完全制覇】
長野誠(2秒56残し)

 

第22回大会2009年3月30日

【ファイナリスト】
漆原裕治

【完全制覇者】
なし

 

第23回大会2009年9月27日

【ファイナリスト】
長野誠、菅野仁志

【完全制覇者】
なし

 

第24回大会2010年1月1日

【ファイナリスト】
漆原裕治、橋本亘司、奥山義行、
高橋賢次、リー・エンチ

【完全制覇】
漆原裕治(3.57秒残し)

 

第27回大会2011年10月3日

【ファイナリスト】
漆原裕治、又地諒

【完全制覇者】
漆原裕治(6.71秒残し)

 

第30回大会2014年7月3日

【ファイナリスト】
又地諒、川口朋広

【完全制覇者】
なし

 

第31回大会2015年7月1日

【ファイナリスト】
森本裕介

【完全制覇者】
森本裕介(2.59秒残し)

 

第35回大会2018年3月26日

【ファイナリスト】
森本裕介

【完全制覇者】
なし

 

最後のファイナリストは2018年3月26日の

SASUKE2018春の大会でした!

過去に完全制覇も成し遂げた経験を持つ

サスケ君こと森本裕介さんです!

それまでは約3年ほどファイナリストが

現れていなかったんですよね!

それに2010年代は最終ステージ進出者が

ちょっと少ない印象があります!

それだけハイレベルなステージに

進化しているということですね!

今回こそ完全制覇者が出てほしいです!

※前回(SASUKE2018春)については
以下の記事で紹介しています

スポンサードリンク

SASUKE2018大晦日の予想!優勝の可能性は?

誰が完全制覇するのか予想してみましたが、

やはり大本命はサスケ君こと森本裕介さんが

完全制覇に一番近いと思いますね!

前回大会でも素晴らしい活躍でしたし、

”勝ち癖”が付いているような気がします!

おそらくファイナリストには入るかと!

 

またゴールデンボンバーの樽美酒研二さんは

気合の入り方が尋常じゃないですよね!

今度こそファイナリストに入るためにも、

まずは2ndステージ突破ですね!

 

他にはパルクール指導員の佐藤惇さんも

評価の割には結果がもう少しですね!

身体能力でいえば出場者の中でも随一と

言っても過言ではありません!

悲願達成なるか期待しましょう!

SASUKE2018大晦日の
結果は次のページへ

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です