R-1ぐらんぷり

R-1ぐらんぷり2020の審査員がNHKに忖度疑惑?ヒューマン中村が0票!ネットの反応は?

2020年3月8日(日)の夜7時からフジテレビで放送されるお笑いコンテスト、
「R-1ぐらんぷり2020」

ひとり芸の頂点を決めるお笑い大会で、ピン芸人を含め8名プラス1名の敗者復活者がネタを披露する日本一決定戦です。

ところがCブロックのヒューマン中村さんが披露した「受信料の強制徴収ネタ」が、審査員から1票も投票されなかったのです。

もちろんネタの評価は人それぞれですが、まさか日本の公共放送であるNHKへ配慮したのでしょうか?

スポンサードリンク

R-1ぐらんぷり2020の司会&審査員

【司会】
蛍原徹(雨上がり決死隊)
三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)

【出演】
粗品(霜降り明星)

【審査員】
桂文枝
関根勤
久本雅美
陣内智則
友近
勝俣州和

審査員はお笑い界を牽引する豪華な大物芸能人たちですね。

当然、地上波テレビ民放各社との関係も深い方々であることに間違いありません。

そしてNHKにも出演した経験はあると思いますし、地上波テレビが主な活躍の場ですよね。

ところが今大会でヒューマン中村さんが披露したネタに対し、審査員の皆様は1票も投票しなかったのです。

これにはヒューマン中村さんも「ぼく嫌われてるんですか?」と唖然とした表情でした。

個人的には面白いネタだと思ったのですが、6名もいて各々3票も投票権があるにもかかわらず、1票も投票されないとは。

お茶の間やツイッターによる投票とどれだけ差があるのか検証してみましょう

スポンサードリンク

ヒューマン中村のネタは面白いorつまらない?

お茶の間投票では14%ほど投票されており、おいでやす小田さんの倍ほど支持されていました。

ワタリ119さんと大谷健太さんが抜けているとはいえ、筆者を含めそれなりに「面白い」と判断した視聴者は多かったと思います。

 

つづいてツイッターのアンケートによる投票では、お茶の間投票よりも多い16.4%という結果でした。

ネットユーザーほど支持した人が若干多かったということですね。

 

そして問題の審査員投票です。

見事なまでに0票となっていました。

お茶の間ポイントとTwitterポイントで2ptは獲得しましたが、審査員からの投票は1票も入らなかったですね。

結果的にヒューマン中村さんは視聴者からの投票しか得られず、最下位に終わってしまいます。

個人的には面白いネタでしたし、ネットでも支持されていました。

しかしこれほど審査員との評価に差が生まれるとは、驚きを隠せませんね。

なぜこんな結果になったのでしょうか?

それはネタの内容に理由があったのかもしれません。

スポンサードリンク

R-12020決勝で審査員がNHKに配慮疑惑?【考察】

審査員が投票しなかった理由について考察するに、「NHKへの配慮」が考えられます。

ヒューマン中村さんのネタは「受信料の強制徴収」というようなネタでした。

あわせて読みたい
R-1ぐらんぷり2020は無観客でつまらない?ネタの感想や評価!【第18回アールワングランプリ】2020年3月8日(日)の夜7時からフジテレビで放送されるお笑いコンテスト、 「R-1ぐらんぷり2020」! ひとり芸の頂点を決...

筆者も頭に過ぎったのですが、公共放送であるNHKのパロディだった可能性も否めません。

もちろんヒューマン中村さんは何も発言されていないので、あくまで仮説です。

ただNHKの受信料徴収は多くの国民から問題視されていますよね。

先の参院選でNHKから国民を守る党が躍進したように、「NHKをぶっ壊す」がネットでムーブメントが起こるほどでした。

ヒューマン中村さんのネタとは無関係だと思いますけど、一視聴者、一国民として、素人目線でも内容が被っている印象があります。

もしかしたら審査員も感じ取ったのでしょう、「触らぬ神に祟りなし」の精神でグレーな内容には投票できなかったのだと思われます。

審査員全員がシンクロしたのは驚きでしたが、やはり長きに渡り地上波で活躍してきた芸能人たち、放送業界最大手NHKの香りがするネタは支持できなかった可能性もあります。

本能的な嗅覚はさすがですね。

もちろん個人的な考察ですので、本当に忖度したかどうかは不明です。

スポンサードリンク

R-1グランプリの審査員NHK忖度疑惑にネットの反応は?

R-1ぐらんぷり2020の審査員について、Twitterでも物議を醸していました。

さすがに皆さん何かを感じ取ったようですね。

それなりに笑いをとったネタが審査員だけ無投票だったわけですし、ネタの内容も「NHKの受信料」だと感じた視聴者が多かったことでしょう。

少し興味深いのが、ヒューマン中村さんを擁護する意見もあれば、審査員を擁護するような意見もありました。

「さすがに空気を読め」ということでしょうか、あのネタでは投票できないだろうと考える視聴者もいたようですね。

それはごもっともだと思います。

芸能人はテレビ局や制作会社に起用してもらう立場の人間ですから、怒らせるような言動は信用性を失いますよね。

もちろんその覚悟で行けばいいですけど、ウッカリは許されないでしょう。

ヒューマン中村さんの腹の中はわかりません。

ネタの意図や目的は本人しか知りませんし、審査員の頭の中も同じです。

ただ、なんとなく漂った不穏な空気を感じ取り、審査員0票という結果になったのかもしれません。

視聴者の中にはヒューマン中村さんに対して「よく言ってくれた!NHKをぶっ壊ーす!」とガッツポーズした方がいた可能性はあります。

逆に「これはやりすぎ。使ってもらえなくなるよ」と心配の声も上がると思いますので、ヒューマン中村さんには多くの意見を参考に、最後はご自身の芸人道を生きてもらいたいです。

目的や意図は関係なく個人的には好きなネタだったので、今後も応援していきますよ!

POSTED COMMENT

  1. ねこ より:

    NHK云々はあるかもですが、
    一番の問題は天の声が中村さんではなく、別の女性だからですよ。
    ひとり芸じゃなくなっているのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です