戦国武将総選挙

戦国武将総選挙の結果!人気ランキングベスト20の1位は誰?順位も紹介!【国民10万人投票アンケート】

2019年12月28日(土)の夜6時56分からテレビ朝日で放送される、
「戦国武将総選挙」

日本人に最も愛される戦国武将はいったい誰なのか、ベスト20人気ランキングが4時間SPで発表されました。

戦国時代を彩った人気武将たちが続々登場しますが、栄光の1位に輝いたのはいったいどの武将なのでしょうか?

国民10万人がガチ投票したアンケートで番付された令和元年の特別バラエティ番組、どんな順位になったのか楽しみですね。

気になる結果順位を紹介します。

あわせて読みたい
戦国武将総選挙2020のランキング結果!人気の1位は誰?ベスト30の順位発表!テレビ朝日系列で4月27日(月)の19時から放送される「禁断企画!国民10万人がガチ投票!日本人が本当に好きな戦国武将総選挙」 こ...

戦国武将総選挙2019出演者

【MC】
爆笑問題 

【ストーリーテラー】
東出昌大

【ゲスト】
高橋英樹
高畑淳子
瀧本美織
ビビる大木
福本大晴(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)
山崎怜奈(乃木坂46)
黒田基樹(駿河台大学教授)
本郷和人(東京大学史料編纂所教授) 

【VTR出演】
遠藤憲一
カンニング竹山
草刈正雄
中村芝翫

テレ朝でお馴染みになっている総選挙シリーズ、今回は戦国武将のランキングが発表されます。

戦国武将は歴史好きの中で最も熱いジャンルではないでしょうか。

「歴女」という女性もいますし、2679年続く日本の歴史で一番盛り上がる話題かもしれません。

そんな戦国武将総選挙でナビゲーターを務めるのは俳優の東出昌大さんです。

東出昌大さんは歴史好きとして有名ですが、他にも将棋や日本酒など和の文化に造詣が深いですよね。

おそらくドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』の番宣だと思いますが、今回の企画に適任だと思います!

東出さん自身もかなり楽しみだったでしょうし、歴史好きにとって戦国武将番付は確実に盛り上がりますからね。

[ad#1]

戦国武将総選挙2019放送内容

今回は日本人が最も好きな戦国武将は一体誰なのか、全国47都道府県で約10万人にアンケートを実施しました。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信など、日本人にもっとも愛される戦国武将を決める禁断の総選挙が実現します。

数多くの投票からベスト20をランキング形式で発表するそうですね。

さらに名だたる武将たちの子孫の方々も続々登場し、受け継がれた貴重な品を大公開します。

SPナビゲーターとして歴史好きの東出昌大さんが登場し、独自の視点でランクインした戦国武将にまつわるエピソードや魅力などを紹介していきます。

他にもランクインした各武将のスゴさを徹底解説します。

「武将にまつわる貴重なお宝」や「訪れると楽しい!ゆかりの場所」、「教科書とは違う新事実」に「ゆかりのグルメ」など、日本人なら知っておきたい各武将の為になる情報が続々と登場しました。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった誰もが知る武将は当然のことながら、大河ドラマで人気を博した真田幸村や直江兼続、前田利家、毛利元就など、さまざまな戦国武将がランキングに入るみたいですね。

果たして1位に輝くのは誰なのでしょうか?

[ad#1]

戦国武将総選挙2019の1位予想

個人的な予想として、やはり1位にランクインするのは織田信長ではないでしょうか。

生き様、数多の合戦で魅せたカリスマ性、そして壮絶な最期。

存在感といいネームバリューといい、圧倒的な人気を誇るかもしれません。

あとは徳川家康も1位に来る可能性がありますね。

関ヶ原の戦いで勝利し、その後は絶大な権力を手に入れた徳川家の始祖です。

天下を獲った武将は人気度も高いでしょうね。

他にも真田幸村伊達政宗も様々な作品に登場する有名武将であり、イケメンに描かれやすい武将です。

そのイメージから上位にランクインするのではないでしょうか。

どんな結果になるのか楽しみですね!

[ad#1]

戦国武将総選挙2019の結果や順位は?

《第20位》

越後(新潟)
上杉景勝(1555〜1623 享年69)
獲得ポイント:231,193pt
【評価】
・東北県で多くの票を獲得
・有能な部下に慕われた
・寡黙で真面目な性格

《第19位》

美濃(岐阜)
竹中半兵衛(1544〜1579 享年36)
獲得ポイント:344,816pt
【評価】
・岐阜県で多くの票を獲得
・当時19歳ながら難攻不落の稲葉山城を16人で攻め落とした天才
・豊臣秀吉の軍師として活躍した

《第18位》

上田(長野)
真田昌幸(1547〜1611 享年65)
獲得ポイント:358,464pt
【評価】
・長野県で多くの票を獲得
・大河ドラマ「真田丸」で草刈正雄が演じた
・家を守るために奔走する姿に心を打たれる

《第17位》

遠江(静岡)
井伊直政(1561〜1602 享年42)
獲得ポイント:370,530pt
【評価】
・静岡県と滋賀県で多くの票を獲得
・真っ赤な鎧が印象的で、戦場では「井伊の赤鬼」の異名で恐れられていた
・異例の若さで徳川四天王になるなど、実力や強さは家康のお墨付き
・関ヶ原の戦いで負傷し、42歳の若さでこの世を去る

《第16位》

加賀(石川)
前田利家
(1538〜1599 享年62)諸説あり
獲得ポイント:428,264pt
【評価】
・石川県で2番目に多い票を獲得
・織田信長に使えた槍の名手で、槍の長さは6.3m
・加賀百万石の礎を築き、武力と財力を兼ね備えた武将

《第15位》

安芸(広島)
毛利元就(1497〜1571 享年75)
獲得ポイント:443,032pt
【評価】
・広島と山口で多くの票を獲得
・一代で中国地方を支配した偉大な大名
・一族の結束を表すために説いた「三本の矢」が有名
・2万vs4千という絶対的に不利な戦いで、海賊を仲間に入れた作戦で勝利している

《第14位》

北近江(滋賀)
浅井長政(1545〜1573 享年29)
獲得ポイント:451,080pt
【評価】
・滋賀で3番目に多く票を獲得
・美人三姉妹の父親であり、庶民ファースト
・織田信長の妹と結婚し、義理の兄弟である
・義理の兄弟だった信長の軍と姉川の戦いで対決し、敗退。

《第13位》

米沢(山形)
前田慶次
(1533〜1605 享年73)諸説あり
獲得ポイント:592,311pt
【評価】
・東北地方で多くの票を獲得
・漫画「花の慶次」の主人公
・直江兼続と共に上杉景勝に仕えた
・派手な衣装を好み、権力に屈しない

《第12位》

米沢(山形)
直江兼続(1560〜1619 享年60)
獲得ポイント:614,312pt
【評価】
・山形県と新潟県で多くの票を獲得
・上杉家に長く忠誠を誓った
・領土を減らされても主君を見捨てなかった
・兜に「愛」を掲げて戦ったことが有名
・「愛」の由来は戦に勝つ神として崇められていた「愛染明王」から

《第11位》

肥後(熊本)
加藤清正(1562〜1611 享年50)
獲得ポイント:638,579pt
【評価】
・熊本で多くの票を獲得
・難攻不落の熊本城など、多くの城を作った築城の名手
・秀吉の家臣であり、虎を退治した逸話を持つ

[ad#1]

《第10位》

近江(滋賀)
石田三成(1560〜1600 享年41)
獲得ポイント:763,358pt
【評価】
・滋賀県で多くの票を獲得
・頭が良かった人物とされている
・秀吉の右腕として支え、官僚的な立場から豊臣政権の基盤を作った
・関ヶ原の戦いで徳川軍に敗れる

《第9位》

丹羽(京都)
明智光秀(生誕不明〜1582 享年不明)
獲得ポイント:999,256pt
【評価】
・岐阜と京都と滋賀で多くの票を獲得
・日本最大のクーデターを起こした
・地元民に愛される謎の男
・信長の右腕として支え、京都に城下町を築いた
・天下統一を目前としていた織田信長を討つ
・本能寺の変からたった13日後に同じく信長の家臣だった秀吉に討たれてしまった

《第8位》

筑前(福岡)
黒田官兵衛(1546〜1604 享年59)
獲得ポイント:1,141,250pt
【評価】
・兵庫と福岡で多くの票を獲得
・岡田准一主演の大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公
・豊臣秀吉のナンバー2として天下取りに貢献した
・備中高松城の水攻めや中国大返しを指揮
・57戦無敗の猛者
・優秀すぎたため警戒した秀吉から命を狙われそうになるも、早々に引退

《第7位》

甲斐(山梨)
武田信玄(1521〜1573 享年53)
獲得ポイント:1,559,338pt
【評価】
・山梨県で多くの票を獲得
・織田信長ですら敵に回すのを恐れた
・「甲斐の虎」と呼ばれた猛将
・三方ヶ原の戦いで徳川家康に圧勝した
・陣中で病気を患い53歳でこの世を去った
・地形を変えて山梨を洪水から守ったことでも知られる土木王

《第6位》

大坂(大阪)
豊臣秀吉(1537〜1598 享年62)
獲得ポイント:1,589,749pt
【評価】
・大阪で多くの票を獲得
・織田信長に仕えて低い身分から出世した
・草鞋を懐で温めた有名なエピソード、実は作り話だった
・明智光秀を討って天下統一を成し遂げる
・戦わずして勝つために経済力を誇示する黄金の城を建てた
・敵対した武将に豊臣の名を与えて反逆を封じた

《第5位》

江戸(東京)
徳川家康
(1543〜1616 享年74)諸説あり
獲得ポイント:1,704,695pt
【評価】
・多くの地域でベスト5入りを果たしている人気武将
・関ヶ原の戦いに勝利して戦国時代を終わらせた
・260年に渡って戦争のない時代を作った江戸幕府の創設者
・川を曲げて埋め立てし、湿地帯だった江戸を人が生活できる街に変えた

《第4位》

上田(長野)
真田信繁(幸村)(1567〜1615 享年49)
獲得ポイント:1,950,394pt
【評価】
・長野や近畿地方で多くの票を獲得
・大河ドラマ「真田丸」で堺雅人が演じた
・徳川家康を追い詰めて「日本一の兵」と呼ばれた

《第3位》

仙台(宮城)
伊達政宗(1567〜1636 享年70)
獲得ポイント:1,956,394pt
【評価】
・東北3県で1位の票を獲得
・18歳で伊達家を継いで東北で勢力を伸ばした
・豊臣秀吉から目をかけられていた
・「独眼竜」で有名
・慶長遣欧使節をヨーロッパ派遣
・自己アピールの天才と評されている
・外交力も高い

《第2位》

越後(新潟)
上杉謙信(1530〜1578 享年49)
獲得ポイント:2,025,230pt
【評価】
・新潟と山形で多くの票を獲得
・現在の新潟県を収めて信長や信玄と同じ時代を生きた
・最強との呼び声が高かった武田信玄とは5度も戦うが決着は付かず
・織田軍を手取川の戦いで撃破しており、ほぼ負けなしの武将
・自ら先陣を切って敵陣に向かうため、家臣の士気も高く強い軍勢となった
・家臣たちを守るために鉄砲から身を守れるよう防具を開発した
・出陣前には家臣に豪華な戦飯を振る舞った

《第1位》

尾張(愛知)
織田信長(1534〜1582 享年49)
獲得ポイント:3,478,822pt
【評価】
・全国39の地域で1位を獲得
・強く冷酷で斬新な武将
・織田軍3000vs今川軍25000という圧倒的に不利な兵力差にも関わらず、今川義元を撃破
・長篠の戦いでは家康と同盟を組んで武田軍を撃破
・天下統一目前で明智光秀に討たれる
・鉄砲を取り入れた人物である
・自由に商売ができる楽市楽座を開始した

[ad#1]

戦国武将総選挙2019まとめ

1位に輝いたのは織田信長でした。

知名度もさることながら、日本に新しい文化を取り入れてきたパイオニアであり、日本国民に広く知れ渡っている人物ですね。

また合戦において斬新な戦いを繰り広げてきた武将ということで、カリスマ性は随一だと思います。

堂々の1位に納得です。

ランキングを見ると、やはり地元の票が多かったですね。

地域の歴史を作ってきた武将への愛着が投票に繋がったのではないでしょうか。

あとは大河ドラマやゲームなどの印象もあると思います。

なかなか見応えのあるランキングでしたね!

あわせて読みたい
戦国武将総選挙2020のランキング結果!人気の1位は誰?ベスト30の順位発表!テレビ朝日系列で4月27日(月)の19時から放送される「禁断企画!国民10万人がガチ投票!日本人が本当に好きな戦国武将総選挙」 こ...

 

Twitter でトレンドホヤホヤをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。