ドラマ

『探偵 由利麟太郎』ドラマ第2話のあらすじ&ネタバレ!怪人の正体は誰?

2020年6月23日(火)の夜9時からフジテレビで放送される連続ドラマ、
「探偵・由利麟太郎」

横溝正史氏の『由利麟太郎シリーズ』を原作とするドラマで、主演は地上波の連続ドラマでは初めてとなる吉川晃司さんです。

頭脳明晰の心理学者である由利がミステリー作家志望の三津木俊助を助手に従えて、数々の難事件を解決に導くミステリー作品ですね。

第2話にはゲストとして水上京香さんが出演します。

黒き怪人の脅威、そして悪夢に憑かれた女とはいったい何なのでしょうか?

気になる第2話あらすじネタバレを判明次第紹介します。

スポンサードリンク

『探偵・由利麟太郎』キャスト

由利麟太郎:吉川晃司

元・警視庁捜査一課長の経歴を持つ探偵にして、頭脳明晰な犯罪心理学者です。

見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らないもの静かな男ですね。

しかし洞察力と論理的思考力は圧倒的なレベルです。

学生時代にアメリカで出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき、ひたすら事件現場を観察し続ける捜査スタイルを確立しています。

先端恐怖症でありながら弓道の心得があり、精神を集中させることが、難事件解決の力となっているそうですね。

三津木俊助:志尊淳

ミステリー作家になることが夢の青年で、由利を「先生」と慕っています。

難事件の捜査で助手を務めるなど、物語ではパートナーとして活躍します。

ところが由利を崇拝するあまり、自身の小説の執筆はそこまで進んでいない模様。

むしろ由利の活躍を記録する『由利麟太郎の事件簿』というサイトの運営を頑張っていますね。

等々力警部:田辺誠一

京都府警の警部で、由利とは京都で大学時代をともに過ごした旧友です。

同じ弓道部の仲間だったようですね。

由利の事件解決能力には一目を置いており、難事件の捜査協力を依頼しています。

たい焼きを片手に現場へ向かうほど、たい焼きが大好物らしいです。

波田聡美:どんぐり

骨董品店の店主で、骨董品店を営む一軒家の一部屋を由利に貸しています。

由利に対して一方的に好意を寄せているようですね。

山岸克平:木本武宏

出版社の編集者で、ミステリー作家を志望している三津木に目を掛けている存在です。

三津木にとって小説執筆の参考になればと、三津木に由利を紹介したのが山岸克平ですね。

第2話ゲスト

吉岡エマ(マダム・シルクのホステス)
水上京香

五月翔太(青年実業家・エマの恋人)
赤楚衛二

神崎美沙子(マダム・シルクのホステス・五月の元恋人)
柳ゆり菜

井出圭一(三津木の旧友)
尾上寛之

梶原絹江(マダム・シルクのママ)
山口香緒里

『探偵・由利麟太郎』第2話あらすじ

あわせて読みたい
『探偵 由利麟太郎』第1話のあらすじ&ネタバレ!吉川晃司やキャストも紹介!2020年6月16日(火)の夜9時からフジテレビで放送される連続ドラマ、 「探偵・由利麟太郎」! 横溝正史氏の『由利麟太郎シリー...

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマは、最近“黒い影”に襲われるという得体の知れない悪夢に悩まされていました。

店にいるときも部屋で休んでいるときも、“黒い影”は突如目の前に現れてエマを恐怖に陥れるのです。

エマは心を蝕まれ、やがて何かに取り憑かれたように意味不明な言動を繰り返します。

そして幻覚まで見るようになりました。

五月はそんなエマを心配しますが、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子は、気味が悪いとエマを敵視します。

その頃、三津木は学生時代にミステリー同好会の仲間だった井出圭一と会っており、道端で放心状態のエマに遭遇しました。

井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の○体を見た」と言い出します。

どうやらドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で命を落とす美沙子を見たらしいのです。

しかし、最近は幻覚に悩まされていたため、エマは現実だという確証が持てません。

真相を確かめるべく由利に助けを求めた三津木は、洋館の場所を突き止めます。

ところがそこには痕跡が何も見当たりませんでした。

さらに翌日には「美沙子が店に来た」と梶原絹江が証言します。

やはり幻覚だったのかと思った矢先、エマが見たという凄惨な光景が現実のものとなりました……。

スポンサードリンク

『探偵・由利麟太郎』第2話のネタバレは?

幻覚に悩まされるエマ

店のカウンターでもたれかかっているエマ、どうやらボーッとして具合が悪い様子。

五月翔太が迎えに来ると、元カノの神崎美沙子はエマにキツく当たります。

倒れ込むエマに近づく五月でしたが、エマは彼が黒い怪人に見える幻覚を見ることに。

発狂するエマを抱えながら五月は店を出ます。

車で送ってもらう途中でも、外に黒い怪人がいる幻覚を見るなど、相当重症でした。

夜に寝ているところ、天井から複数の手が伸びてくる幻覚も見ます。

一方、由利が花屋で花束を買っているところに、三津木と出会します。

その花束は大家さんに渡すためでした。

昔に書いたミステリー小説のトリックが思い出せないと相談しに来たそうです。

後日、マダム・シルクではパーティが開かれていました。

やはり体調の悪いエマ、しかし神崎美沙子の姿が見られません。

気まずくて来られないのかもと、客の住職は言います。

そこでエマは、血まみれの神崎美沙子の幻覚を見ました。

しかし神崎美沙子は至って普通であり、神崎はエマに「これは予知夢、あなたに同じことが起きる」と言い放ち、美沙子は店を出ます

その後マダム・シルクのママの梶原絹江から、「イギリスのドラマからオーディションのオファーがある」と紹介されます。

エマは女優を目指していたため、五月も消極的ですがとりあえずオーディションを受けることになります。

翌日車で迎えがありますが、行き先は極秘ということでアイマスクを着けられました。

屋敷のようなところに連れて行かれ、アイマスクを取ります。

するとそこには黒い怪人がおり、驚いたエマは気絶します。

目を覚ました時、暖炉には美沙子の左腕が燃やされていました。

そして部屋にあるバスタブに、息絶えている美沙子の姿がありました。

美沙子の変わり果てた姿

エマは気づくと道端で気絶していました。

ちょうど三津木と井出に会います。

井出はエマと同じマンションに住んでいたようです。

エマは「美沙子の○体と見たんです、しかしあれは幻なんです」と言い、最近幻覚を見ることを打ち明けます。

三津木は由利を呼び出し、エマに会わせます。

エマから聞き取りをし、「車でアイマスクを取ったとき、ひとつだけの大きな目、たくさんの顔が私を見ていた」と言います。

その情報から、眼科などの場所を特定して車で向かいます。

エマが見た光景は幻覚ではなく、眼科の看板や人形が多数置かれている廃屋などがありました。

そして洋館の場所を突き止め、例の部屋へ入っていきます。

部屋には特に異変は無いように思えました。

みんなが調査をしているところに、五月が入ってきました。

それから店に戻り、絹江に「美沙子の○体を見た」と話しますが、絹江は「あの子は昨日店に来たわよ。辞めるって」と言います。

それを聞いたエマは再び頭を抱えます。

やはり幻覚だったのでしょうか?

帰宅するエマをちょうど見かけた三津木、井出の自宅へ行く途中でした。

二人行き先が同じなので、一緒にマンションへ行きます。

その頃、例の屋敷に消防隊が到着していました。

火事があったのでしょうか?

部屋の暖炉に火がついていたのですが、そこには美沙子だと思われる左腕が焼かれており、バスタブでは美沙子が息絶えていました。

エマの幻覚と同じ光景ですね。

三津木は誰かから電話がかかってきて、途中で別れます。

マンションへ一人で帰ったところ、あの黒い怪人が現れました。

なんとか部屋に辿り着いたエマでしたが、部屋には大きな眼球が浮いています。

これは幻覚?

逃げる五月とエマ

洋館では警察が捜査している最中であり、現場にいた由利と呼び出された三津木は容疑者として扱われます。

そこへエマ、五月、井出も連れてこられました。

絶句する一同、エマは「私がやったんですか?」と由利に聞きます。

一同は警察署へ連行され、取り調べが行われました。

他にもママや住職も取り調べを受けます。

由利は取り調べのときに、「あの現場は我々が入るまで、足跡は一つだけだった」と言います。

翌日、三津木は井出の部屋で独自に捜査していました。

ちょうどその頃、エマは五月に呼び出され、逃亡を図るかのように警察から逃げていました。

由利と三津木も駆けつけます。

警察も追っている最中で、五月とエマは別々に逃げました。

エマはタクシーに乗り込みますが、なぜかタクシーの助手席には意識のないマダムの姿が。

三津木が追いかけるも間に合わず、タクシーは発車してしまいます。

そこへ由利が現れたため、一緒にタクシーを追いました。

車の中で由利は三津木に”ある映画”の存在を教えます。

それは井出の父、井出江南が制作したとされる映画で、撮影現場はあの屋敷でした。

映画は「本当の人間を切ったのではないか」という噂が流れ、上映が中止されたそうです。

由利は過去に一度だけ映画を見たことがあるらしく、現場を特定できたみたいですね。

黒き怪人の正体

井出はその映画と同じ怪人に扮し、ヒロインにエマを選びました。

怪人の正体は井出だったのです。

タクシーを運転していたのは井出だったようで、エマを連れ去りました。

屋敷には柱に縛られているエマ、そしてバスタブには気絶しているマダムの姿。

黒き怪人の姿になっている井出はエマへの想いを伝えました。

ずっとエマを狙っていたそうです。

井出はチェーンソーでマダムの腕を切り落とそうとします。

その頃洋館らしき建物に警察が突入しました。

洋館には五月の姿があり、腹部を切られていました。

由利と三津木は洋館ではなく、「井出レンズ」と書かれた部屋に入ります。

そこはエマの部屋を監視するモニターや、巨大な眼球を浮かび上がらせる装置、そして犯行に使用したであろう小道具などがありました。

どうやらこの部屋で井出はエマを監視していた模様。

そもそもマンション自体が井出不動産のものであったため、おそらくマスターキーを使用してエマの部屋にカメラなどを仕掛けたと思われます。

また薬なども飲ませて幻覚を見せていたのかもしれません。

その頃洋館では警察が男を取り押さえていました。

その男が五月を切ったようです。

そして由利と三津木は隠し扉を見つけ、開けるとそこは屋敷とほぼおなじ部屋でした。

おそらくこの部屋が映画の撮影場所でしょう。

部屋には気絶するエマ、マダム、そしてチェーンソーを振りかざす井出がいました。

美沙子も井出がやったようで、子供扱いされたことから逆上して美沙子を○したそうです。

「僕はもう誰にもバカにされたくない!」と怒り狂う井出、二人の協力プレーでなんとか出を取り押さえました。

五月は命を落としていました。

元々あぶない仕事をしていたため、その関係で狙われたのでしょう。

崩れ落ちるエマ。

部屋には焚き火がバチバチと音を立てていました。

『探偵・由利麟太郎』次回予告

同じ構造の部屋が2つあり、一つは映画のセットだったんですね。

井出は子供の頃に見せられていた映画の撮影現場から、ずっと狂気に満ちていたのかもしれません。

そして最愛の彼を失ってしまったエマ、切ないラストでしたね。

さて、次回は三津木が逮捕されてしまったようです。

ピエロの罠とはいったい?

↓見逃したか方はFODもしくはU-NEXTで↓



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。