ドラマ

『半沢直樹2』第6話あらすじ&ネタバレ!黒崎再び!新キャストに宮野真守

TBSテレビ系列の日曜劇場「半沢直樹2

毎回キャスト人が放つ演技とセリフが話題となり盛り上がりは増すばかりですね。

「帝国航空編」に入った前話もスピード感があり、社会人で懸命に働いている人は熱くなる展開だったんではないでしょうか。

まだまだ半沢が気を緩めない状況が続く8月23日(日)夜9時からの第6話

その演技力が話題となり再びの登場を願う声が多数あった片岡愛之助さん演じる黒崎がまたやってくるみたいですよ。

新キャストとして発表された声優の宮野真守さんは黒崎の部下といて登場になるみたいです。

今回もあらすじとネタバレを書いていきますので最後までお付き合いいただけたらと思います。

目次

日曜劇場『半沢直樹2』キャスト

半沢直樹 役・堺雅人さん

東京セントラル証券 営業企画部部長(第4話まで)

東京中央銀行 営業二部次長

半沢花 役・上戸彩さん

直樹の妻

渡真利忍 役・及川光博さん

東京中央銀行 融資部

半沢と同期入行

苅田光一 役・丸一太さん

東京中央銀行 情報システム部

半沢、渡真利と同期入行

田島春 役・入江甚儀さん

東京中央銀行 営業二部

黒崎駿一 役・片岡愛之助さん

証券取引等監視委員会 主任

古谷 役・宮野真守さん

金融庁所属 黒崎の部下

森山雅弘 役・賀来賢人さん

東京セントラル証券 営業企画部調査役(プロパー組)

スパイラル社長・瀬名の高校の同級生で友人

浜村瞳 役・今田美桜さん

東京セントラル証券 営業企画部(プロパー組)

尾西克彦 役・粟島瑞丸さん

東京セントラル証券 営業企画部(プロパー組)

原田浩平 役・持田将史さん

東京セントラル証券 営業企画部(プロパー組)

諸田祥一 役・池田成志さん

東京セントラル証券 営業企画部次長(銀行出向組)

東京中央銀行証券営業部部長・伊佐山と通じ、東京セントラル証券を裏切る。現在は東京中央銀行に出戻りし、伊佐山の下で働いている。

三木重行 役・角田晃広さん

東京セントラル証券 営業企画部(銀行出向組)

東京中央銀行に戻りたいために、伊佐山と通ずる諸田に協力し東京セントラル証券を裏切る。しかし、銀行に戻ったあと、希望した営業に配属されず、伊佐山や諸田に冷遇される日々を送る。

半沢の声掛けに応じ、半沢と森山の前で頭を下げ、裏切りを悔い謝罪した。

伊佐山のスパイラル買収計画書を半沢に渡し、契約阻止に一躍かっている。

曾根崎雄也 役・佃典彦さん

東京中央銀行 審査部次長

益岡徹 役・岡光秀さん

東京セントラル証券社長(銀行出向組)

郷田行成 役・戸次重幸さん

フォックス社長

電脳雑技集団からスパイラルを救うホワイトナイト役として広重が瀬名に紹介するが、実はフォックスも郷田の損失のせいで身売りをしないといけない状態だったため、伊佐山と手を組みスパイラルの買収計画に協力しているだけだった。

電脳に捨てられたフォックスを救うため、瀬名の心に同調し、半沢の逆買収計画にのる。

平山一正 役・土田英生さん

電脳雑技集団社長

平山美幸 役・南野陽子さん

電脳雑技集団副社長

瀬名洋介 役・尾上松也さん

スパイラル社長

東京セントラル証券社員・森山と同級生

高坂圭 役・吉沢亮さん

スパイラル社員・凄腕プログラマー

智美 役・井川遥さん

小料理屋 女将

中野渡謙 役・北大路欣也さん

東京中央銀行 頭取

三笠洋一郎 役・古田新太さん

東京中央銀行 副頭取

紀本平八 役・段田安則さん

東京中央銀行 常務

大和田暁 役・香川照之さん

東京中央銀行 取締役

伊佐山泰二 役・市川猿之助さん

東京中央銀行 証券営業部部長

箕部啓治 役・柄本明さん

政治家 進政党の大物議員

白井亜希子 役・江口のりこさん

国土交通大臣 進政党

笠松茂樹 役・児嶋一哉さん

白井議員の秘書 進政党

乃原正太 役・筒井道隆さん

タスクフォース リーダー

的場一郎 役・大鷹明良さん

内閣総理大臣 進政党

谷川幸代 役・西田尚美さん

開発投資銀行 企業企融部第四部次長

帝国航空担当者

神谷巌夫 役・木場勝己さん

帝国航空 社長

山久登 役・石黒賢さん

帝国航空 財務部長

木滝英雄 役・鈴木壮麻さん

帝国航空 機長

業界ナンバー1パイロットで“グレートキャプテン”と呼ばれている。

仁藤圭子 役・内田慈さん

帝国航空 整備士

日曜劇場「半沢直樹2」第6話・あらすじ

あわせて読みたい
『半沢直樹2』第5話あらすじ&ネタバレ!敵は国家権力!新キャスト多数毎週日曜日夜9時から放送されているTBS日曜劇場『半沢直樹』 8月16日(日)第5話の放送から「帝国航空編」に突入します。 ...

帝国航空再建のため一歩前進した半沢だったが、白井議員がつくった「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原は半沢たちがつくった再建案を白紙に戻すとあざ笑った。

その高圧的な態度に半沢は反発し宣戦布告をする。

一方、半沢の作成した再建案に帝国航空内で不満の声が上がっていた。

その内容の、徹底的な経費削減、赤字路線の廃止はどれも大きな痛みを伴うことが必至で、そして何よりも、約1万人もの人員の整理は従業員たちの動揺を隠せない。

そのうち、整備士ら専門職は異業種への転職案を断固拒否した。

彼らの対応に日々追われ久山部長は疲弊していた。

そんな中、乃原から半沢について報告を受けた白井議員は自ら東京中央銀行に乗り込んできた。

異例の事態に、紀本、大和田、そして中野渡頭取までもが政府の驚異を実感する。

そして、銀行には再び黒崎の姿が…

急遽始まったヒアリングで帝国航空を巡る重大な過失が発見される。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

専門職の世界はそれを目指し技術を勉強してきた人が多いでしょうし不満は当たり前と思います。その方たちに半沢がどう接しどんな答えをつくり上げるのか注目したいです。

白井議員が乗り込んできたり、黒崎の襲来と第6話も大忙しのハラハラ展開が待っていそうですね。

予告で半沢が行っている「とんでもない裏切り者」とは誰なのでしょうか…

「半沢直樹2」第6話・ネタバレ

乃原に債権放棄を拒否し帝国航空の再建を誓った半沢。

そんな半沢に乃原は論点をずらし半沢を脅すが、半沢は怯まず立ち向かった。

帝国航空の再建で一番の問題となっているのが、「社員の5分の1の転職」

これに社員から不満の声が上がっている。専門の技術を身に着け仕事に誇りをもつ技術職員は断固拒否し組合員の条例に反すると訴えてきた。

説明をする山久だが煮え切らない説明に反発は強まるばかりだった。

そんなとき、白井議員が乃原をつれて銀行へやってきた。

乃原から報告を受けた半沢の態度について話「他の銀行は協力的だ」と言い「担当に品位がない。あなたのせいで帝国航空の再建が遅れる。」と脅しをかけてきた。

しかし半沢は「銀行員として当然の努力。」と揺るがない姿勢をみせた。

白井は「すべては国民の総意」を繰り返し、頭取に「今までの帝国航空への融資が不当。債権放棄じゃだめ。」かと圧をかける。

紀本が割って入り白井に謝罪し「債権放棄を精査する。」と話した。

頭取からの“債権放棄合意”を引き出したい白井はさらに頭取に迫るが、頭取は「最善を尽くして検討する。」と答えた。

この事で帝国航空再建を不安視する紀本。

大和田は「半沢が謝らなかったのも、紀本が謝ったのも正しい。政治は理屈じゃない。」と半沢に言い。今後は銀行のため頭取のために動けと命じた。

各企業に転職の受け入れが進むなか、残り500弱の受け入れ先を求め半沢は開発投資銀行の谷川を訪ねた。

田島が山久を訪ねた時、山久は濃い疲労で憔悴してるようだ、と聞いた半沢は何としても糸口をと開発投資銀行に向かった。

谷川が上げたのはスカイホープ空港というベンチャー企業。

スカイホープ空港は開発投資銀行に多額の融資を依頼してきており今後の躍進を感じさせる企業だと言う。

谷川は融資を依頼してきた「担当者を紹介しましょうか」と自ら半沢に提案してきた。

だが「決してあなたたちに賛同したのではない」と釘をさし「帝国航空にはいずれ人員削減が必要なことだ」と言い「当行は債権放棄にする」と言った。

半沢が「それが帝国航空のためになると本当に思うか」谷川に問うた時、融資の担当者として森山が部屋にきた。

剣道で向き合う半沢と森山。

半沢は「元同僚として頼みがある」とスカイホープの担当者の紹介を森山に頼む。

二人で食事をしながら森山はスカイホープ空港について話してくれた。

スカイホープ航空はホノルル間の空路拡大を行う予定で確実に人員不足になる可能性があるという。

半沢は紀本から呼び出され金融庁が銀行に、帝国航空の与信判断をしにくると聞く。

その準備をしていると渡真利から今回の担当者は落合といい相当な曲者だと聞く。そして、金融庁を差し向けたのは箕部であると。

頭取を先頭に総出で金融庁の出迎えをする半沢。そこに来たのは黒崎だった。

顔を不満で歪めた黒崎は頭取に向かった時、半沢を見つけ表情を緩めた。

半沢に近づき「いたの?」と嬉しそうな声を上げる黒崎。半沢が電脳の件で銀行に戻ったとさとり「私と一緒!」と嬉しそうにした。

急遽落合に担当を頼まれ不満だったが半沢に会い「やる気まんまん!」だと続けた。

頭取のもとに戻り「あなたたちが政府を怒らせたせいで迷惑してるの!この怒り全部ぶつけさせてもらうわ!!」と叫んだ。

銀行の融資についてヒアリングを受ける半沢。再建計画も不可能だと詰め寄られ「金融庁は迷惑している!」と叫ぶ。

半沢は「申し訳ございません。」と頭を下げる。

黒崎は「頭取の名前で状況説明を提出するように」高圧的に指示する。

全て銀行にミスが、と言う黒崎に「金融庁から了承を得ていた。我々だけの問題にされても。」と半沢が返し「じゃあ、きちんと必要な書類を提出しているのか」と詰められ「はい」と半沢が言うと

黒崎は部下の古谷に指示した。古谷が半沢に示した再建計画案の資料と正式発表の資料には数字が大幅に違っていた。

調べるために時間を望んだ半沢に黒崎が与えたのは1時間。

ヒアリング中ずっと嬉しそうに気持ち悪い笑みを浮かべる元担当者の曾根崎に数字の違いを問うが曾根崎は白を切り全て現担当者の半沢のミスと言いたげに言葉を放つ。

山久に連絡をとると当時の再建案の資料が見つからない、と言う。

紀本に相談し、時間をさらに要求するしかないとなり、時間経過後「まだ時間を」と言うが「見苦しい」と業務改善命令を下そうとする黒崎。

そこに「お待ちください。」と曾根崎が入ってきて、山久のミスで誤った資料を送っていたと説明する。

曾根崎の発言で金融庁のヒアリングは終了し、紀本は曾根崎を評価し状況説明書、回答書を曾根崎に製作するように命令する。

なぜ資料がみつからなかったのか、帝国航空とのメールのやり取りについて調べるとこの件のメールだけがなぜか抜けている。

山久に詳しく聞こうとするが山久はちゃんと対応しようとせず、すべて曾根崎が担当だと言うだけで半沢と田島を追い払おうとする。

山久の背中に「頑張ってください。」と田島がなげると山久は半沢のもとにきて「あなたには感謝している。けど憎い。」今まで会社を支えてくれた社員を転職させないといけないこと、望まない部署に移さないといけないことを訴えた。

曾根崎は紀本と大和田に告げ口のように半沢が山久の元に行ったことを報告する。

紀本と大和田は頭取の判断は仰ぐが曾根崎を担当にと話す。

その件を半沢に伝えた紀本は頭取に判断を仰ぐことを続けた。

白井から「金融庁のヒアリングの件を聞いた半沢を担当から外すべきだ」と箕部の名前も出して頭取に電話がくる。

頭取は「ご忠告ありがとうございました。」と白井に言い、半沢と曾根崎を呼びふたりから話を聞く、と紀本に伝える。

大和田は帝国航空のミスとして進めろ、銀行を守るために。と半沢を呼び出し命令した。

渡真利と今回の件について話す半沢。

半沢は「山久さんがミスをしたとはどうしても思えない。」と事の真相を考える。

紀本と大和田に呼び出され、曾根崎は「君が担当になるだろう」と言われ喜ぶ。続けて「本当に帝国航空側のミスなのか」と紀本に問われると、固まり、大和田を見つめ、無言の中「どう答えれば、全てあなたの指示」と訴えた。

森山から連絡がありスカイホープ空港から手ごたえのある返事がきた、と報告を受けた。

「今日なら会えるが」と森山に問われ半沢は是非にもと向かった。

帝国航空に山久を訪ねにきた半沢はエレベーターの前で元整備部の仁藤に会う。

「総務部はまだ慣れない。」という仁藤だが「もうすぐ整備部に戻れる」と聞き半沢は驚く。

山久の元につくと曾根崎おり「部外者がなにしに」と不気味な笑顔で向かってきた。

曾根崎が退室したあと、半沢は山久にスカイホープ空港の封筒を手渡す。

頭取、紀本、大和田、役員の前に呼ばれた曾根崎と半沢。

山久から半沢について相談をされた、と口を開いた曾根崎は「帝国航空の正式な要望書として半沢の担当変更希望」を読み上げた。

「本当に山久さんが?」と半沢が問うと「山久の捺印が」と間違いでないと主張する。

半沢は「まったく違う趣旨の書類を山久からもらった」と状況説明書を頭取に示す。

そこには曾根崎が出した「要望書の内容に一切関与しない。」というもので「要望書は曾根崎が製作したもの。」とある。

「捏造だ!」と叫ぶ曾根崎だが「きちんと捺印がある」と半沢が返す。

「でたらめだ」と吠える曾根崎に大和田と紀本が「山久を呼ばなければ」と言う。

しかし、半沢は「わざわざ呼ばなくても」とボイスレコーダーをだした。

そこには曽根崎と山久の会話が録音されていた。

嘘をつくことを強要する曾根崎は「タスクフォースに従い、他部署に言ったものもうまく戻す」と社員の不安を解消する代わりにタスクフォースに従い、今回の件を全部山久がかぶるように話す。

続けて「担当役員に承諾をもらっている。」と上司が味方にいると話す。

「どういうことだ」と大和田が曾根崎を攻め立てる。「納得いく説明を!」とさらに曾根崎に詰め寄るのをみて半沢は「私から」と、スカイホープ航空から内約をもらえたことを山久に伝え「必ず伸びる会社だから待遇は今より落ちるが今後はよくなる」と説明したことを説明する。

山久は涙を流し深く半沢に感謝をした。

曾根崎は全ての人員整理を請け負う代わりに山久のミスにしたことを説明する。

「犯罪だ。」と叫ぶ曾根崎に、半沢は山久の心を言う。

社員を想い、全て自分の責任とし今後の自分の身が危うくなっても社員を会社を守ろうとした山久の心が「お前にわかるか!」と叫び「全バンカーの恥さらしが!」と叫び抑えた。

そして、資料に意図的な改ざんがあったこと、曾根崎だけのミスでもない。と説明し「誰の指示だ」と曾根崎を問い詰めるが、曾根崎の口を封じるように大和田、紀本が口を開き圧をかけ黙らせた。

「追って処分を」と頭取が言う。

「このまま報告すると業務改善命令を受ける」と言う大和田に、頭取は「不正は必ずみつかる。」と正直に報告すると言った。

そんな時神谷社長、山久からスカイホープのホノルル間の新規路線の認可が下りなかったと報告が入る。

認可を下ろすのは国土交通大臣の白井。

半沢の考えをどこからか知った白井によって阻まれた。これでは社員の転職ができない…

金融庁から正式に業務改善命令を受けた東京中央銀行。

頭取はカメラの囲む中頭を下げその命を受けた。

それを銀行で画面越しで見る半沢は「自分の責任だ。自分が頭を下げるよりつらい。」と目を赤くし言う。

そして「なんとしても帝国航空の再建を」と強く誓い。

「政府の傲慢さを知らしめる」と叫んだ。

明らかに、誰かが政府と繋がっている。

帝国航空再建を阻む「とんでもない裏切りもの」を半沢はみつけられるのか。

日曜劇場「半沢直樹2」第6話・まとめ

苦しい展開でした。懸命に社員を、会社を考え奮闘する山久さんと違い、己だけを考える銀行員と政府。

反吐がでそうなくらい気持ち悪かったです。

半沢さんにはぜひ裏切り者も政府も縛り上げて落としてもらいたいです。

あわせて読みたい
『半沢直樹2』第7話あらすじ&ネタバレ!半沢ピンチ!裏切りモノは誰だ!!TBS系列で毎週日曜日夜9時放送の日曜劇場「半沢直樹」 8月30日(日)は第7話の放送になります。 帝国航空再建に向け問題と...

 

Twitter でトレンドホヤホヤをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。