MIU404

『MIU404』第6話のあらすじ&ネタバレ!志摩の過去に何が⁉【TBS金曜ドラマ】

TBSテレビ系列で毎週金曜日の夜10時から放送されているMIU404

7月31日(金)の放送で第6話になります。

第1話から少しづつ語られていた志摩が捜査一課を外されたわけが今週の放送で語られるそうです。

捜査一課時代の志摩に一体何があったのか。

あらすじと放送時にネタバレを載せていきます。

スポンサードリンク

金曜ドラマ『MIU404』キャスト

伊吹藍 役・綾野剛さん

本作の主人公その①

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

元奥多摩の交番勤務。刑事としての常識はないが、運動神経と機動力に優れ、頭より先に身体が動くタイプ。

志摩一未 役・星野源さん

本作の主人公その②

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

常に先を見通せる抜群の観察眼を誇る。他人はもちろん自分すらも信用しないところがある。伊吹とバディを組むことにになり、伊吹の「野生バカ」ぶりに振り回される。

九重世人 役・岡田健史さん

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

警察庁幹部に父を持つキャリア組。今まで何事もうまくこなしてきた自身から他人に対して上から目線な態度が目立つ。

父親の話を嫌う?

陣馬耕平 役・橋本じゅんさん

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

九重世人のバディ。キャリアやエリートが苦手、だが九重の面倒をみるためバディに。

特派員REC 役・渡邊圭祐さん

WEB動画チャンネルの運営者で自分の興味のあるネタを妄想を交えた配信をしている。

あるきっかけで第4機動捜査隊のことを知り深く関わることに。

糸巻貴志 役・金井勇太さん

警視庁刑事部・第1機動捜査隊所属隊員。

主な仕事は、防犯カメラの解析やSNSの監視。

我孫子豆治 役・生瀬勝久さん

警視庁刑事部のトップ。

第4機動捜査隊の設立に大きく関わる重要人物。

2年前の裏カジノ事件総指揮官

桔梗ゆづる 役・麻生久美子さん

第1・第4機動捜査隊の隊長を兼任。

捜査一課から警察署長を経て女性初の機動捜査隊隊長となった。

我孫子豆治とは旧知の仲らしいが…

幼い息子が一人。2年前の裏カジノ事件をきっかけに羽野麦と同居し匿っている。

桔梗ゆたか 役・番家天嵩さん

桔梗の息子

羽野麦・黒川智花さん

2年前の裏カジノ事件でカジノオーナーの“エトリ”が経営していたピアノバーで働いていた。

エトリを捕まえるために桔梗に協力し、その後エトリの陰に怯え、桔梗と生活を共にしている。桔梗が仕事している間、桔梗の息子・ゆたかの面倒をみている。保育士の経験あり。

謎の人物②・菅田将暉さん

第3話から登場。

六本木界隈で出回っているというドラック「ドーナツEP」の売人?

第3話でバシリカ高校の生徒・成川岳に接触。関西弁を話し、派手な格好をした人物。

成川岳 役・鈴鹿央士さん

バシリカ高校元陸上部の3年生。

先輩たちが「ドーナツEP」を売りさばいていた事で、連帯責任として陸上部を廃部にさせられてから西武蔵野署管内で“イタズラ通報”虚偽の通報を繰り返し、捜査協力を受けた第4機捜に追われる。

同じイタズラを繰り返していた生徒は第4機捜に捕まり罰を受けたが、成川は九重が追跡を止めたことで逃げ切り、自宅にも帰らず身を隠しながら街にいたところ、菅田将暉さん演じる謎の男に接触される。

第5話のラストで特派員RECにメッセージを送ってきたが…

第6話ゲスト出演者

香坂 役・村上虹郎さん

捜査一課時代の志摩の相棒

6年前に転落死したというが…?

『MIU404』第6話・あらすじ

あわせて読みたい
『MIU404』第5話のあらすじ&ネタバレ!小日向文世さん出演!役どころは?毎週金曜日夜10時から放送されているTBS系列の金曜ドラマ「MIU404」 7月24日(金)の放送は第5話になります。 前回...

 第6話<リフレイン> 

「相棒○しのくせに…!」と志摩を罵倒する声を聞いた伊吹は、志摩に直接真相を聞こうとする。

しかし、志摩は話そうとはしない。

第1話から志摩について何かを知っている様だった九重に伊吹が何を知っているのか問うと「志摩のかつての相棒、香坂が不審な○を遂げている」と言う。

それを聞いた伊吹は九重を引き連れ香坂の真相を探り、そこで見えてきた6年前の香坂が命を落とした同日に起きた連続毒○事件についても調べていく。

桔梗には「面白半分に調べるべきではない」と諭され、陣馬には「今更ほじくたってしょうがねえだろ!!」と怒鳴られても調べる事をやめない伊吹は何を考えているのか…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の放送では、ずっと志摩を縛ってきた過去に焦点を当てるみたいですね。

前回の第5話のラストで、特派員RECの元に成川君からメッセージが届きましが私はそれがなんだったのか気になっております…

今回続きをやってくれるのか。それも楽しみにしたいです。

スポンサードリンク

「MIU404」第6話<リフレイン>ネタバレ

見回りをする404。伊吹は志摩を“相棒〇し”と聞いたことを思い出す。

勤務時間を終え芝浦署志摩に戻って来た404。「お話しようか」と直接志摩に話を聞こうとする伊吹だが「結構です。俺は眠い。」と志摩は去ろうとする。

諦めない伊吹は「よっ相棒〇し。」と志摩の背中に言う。

振り返る志摩。404と同じころに戻った陣馬が志摩の頭を殴り「余計な事ほじくんな!」といい志摩と一緒に署の中に戻っていく。

“〇し”と言っても本当に亡くなっているとは思ってない伊吹だったが九重から本当に相棒が息絶えていると聞く。

志摩の元相棒は香坂よしたかと言い、2013年の8月8日に飛び降り自○をしたとされている。

遺体は香坂の住んでいたビルの真下にあり、屋上にはウイスキーと香坂の遺体の片足にあったサンダルのもう片方が残されていた。

香坂は酒が飲めないのに遺体から香るほど酒を飲んでいた。

桔梗に報告書を届けにきた志摩。桔梗は壊れた給湯器の修理会社と電話で口論していた。昨日来るはずが急に来なくなったと思ったら「今日ならいける、今日が無理なら来週になる」と言うとのこと。

志摩がきたので後でまた掛けると言う桔梗に「でもいるんですよね?」と羽野麦がいることを志摩は聞くが「私がいないときに他の人に合わせたくない」という。

「俺いきますよ」とこの後帰って寝るだけだ、と名乗り出た。パワハラを気にしながらも自宅に行くことをお願いする桔梗。

第4機捜の部屋で志摩について九重と話す伊吹。何か知っているであろう陣馬にふる。

そこではじめて志摩が捜査一課にいたと伊吹は知り驚き、志摩が自分に言わなかったことに対し「志摩は俺をなめてる。」と文句を垂れる。

そこに志摩がやってきて帰り支度をする姿に香坂の事を迫る伊吹。怒りながらロッカーを締め「うぜー。聞き方に工夫がない。自分で調べろ。」と志摩。

「ぎゃふんと言わせるぞ。」と煽る伊吹。「できるもんならやってみろ。」と志摩は帰っていく。

志摩を心配し追う陣馬に「どうせわかりませんよ。本当の事なんか。」というだけだった。

帰ろうとする九重を引きとめ調べるために協力させようとする伊吹。

資料を手にするには何重にも許可が必要と断る九重に「志摩ならすぐ調べるのに」と煽る。

志摩に暴言を吐いていた捜査一課の刑事・刈谷に話を聞きに行く九重と伊吹。

刈谷は志摩を「鼻持ちならない。人を馬鹿にしてる。」と話、香坂が亡くなった頃にあったタリウム使用の毒殺事件について話す。犯人は被害者男性二人と同じ会社に勤めていた南田弓子という女性。

刈谷は、逮捕に向かう日の夕方。志摩がすごい剣幕で香坂を捕まえていたのをみて殺しても仕方ない状態だった、と話す。

さらに刈谷から、香坂がビルの下で死んでいたのを通報したのは志摩で、初動捜査に向かった第3機捜メンバーは陣馬と桔梗だった、と聞く。

給湯器の修理会社を待つため桔梗の自宅に来た志摩は羽野麦から飲食店に勤めていた桔梗の旦那の話をする桔梗の姿の可愛さを聞く。

九重と伊吹は陣馬に酒を飲ませて話を聞こうとするが陣馬は流されない。

普段食事も飲みの席もハラスメントだといい応じない九重だが自分が飲めば話してくれますか、と瓶にてをかける。

語りだす陣馬。現場に着いた時、志摩から聞いたのは「何度も電話してもでないから気になってきたらこうなってた。」と言い、酒の濃いにおいに気付いた二人に、飲んだであろう酒の種類とこのビルの屋上に行くには非常階段でしか無理なことを話したという。

「以前は来たことがあるのか」と聞く陣馬に志摩は無言だった。

羽野麦と桔梗の息子・ゆたかと食事をする志摩に伊吹から電話が入るが雑談がつづいたのですぐに切る。その様子に「でなければいいのに」とゆたかが言うと「相棒だから。」と志摩。

志摩に電話を切られ不服そうにする伊吹。その時、酒で酔い寝ぼけている陣馬が「手紙があった。香坂の最後の手紙。」と言い伊吹と九重は香坂は遺書を書いていたのではと考える。

志摩は香坂が屋上でウイスキー飲み「刑事じゃなくなっちゃった」と涙しそれに寄り添う自分の夢にうなされ目を覚ました。そこに修理会社がきたので羽野麦のかわりにでる。

飲み屋をでた伊吹と九重はそのまま桔梗のもとに来ていた。酒の匂いの強い二人に「休みの日に飲むのはいいけど、署にはくるな」と去ろうとする。

桔梗を引きとめ話を聞こうとするが「面白半分で調べることじゃない」と言われる。

伊吹は「相棒だから」と言うが「一時的でしょ。」深入りするべきじゃないと続ける桔梗。

「志摩と全力で走るのに必要。」と志摩と刑事をするための思いを言う伊吹。

その気持ちにうたれた桔梗は「まず、酒を抜いてきなさい。」と二人に言う。

シャワーをしてきた二人に「噂に惑わされるなら共有を」と2013年の転落事件の報告書を二人に渡す。

残された手紙は遺書ではなく退職願だったとのこと。

それは「刑事になることが夢。」と言う文からはじまっていた。

毒殺事件の容疑者の女性に事情聴取をする志摩と香坂。

付き合っていたのか?と聞かれる容疑者は「だって不倫じゃないですか。そんなことしません」と軽く話す。「あなたが付き合っていたと匿名のメールがきた。」と口にする香坂。

「知り合いですよね?」と聞くに「そりゃあ同じ会社ですから」と笑いながら話「刑事さんが家にくるなんてドラマみたい捜査一課って本当にあるんですね」と終始笑いながら二人を軽くあしらっていた。

容疑者の意をでたあと「メールの件を何故話した」と志摩は香坂に「それ以外証拠がないと言ってるようなものだ」と怒る。

付き合っていた明確な証拠がなく先に進まない捜査。

香坂は事情聴取をした女性を調べるため自宅をはっていた。その香坂を容疑者の女性は手招きに家に入れる。タリウムの入手経路がわかるかもと家に入った香坂。

「タリウムは入ってませんよ。」と飲み物を出されるが香坂は口にしない。

容疑者は香坂の横に座り香坂をからかうように振る舞う。「不倫なんてサイテー。」と言いながら香坂に用意した飲み物を口にし、香坂を押し倒し口移しで飲ませた。

焦る香坂を容疑者はクスクスと笑っていた。

志摩に使えないと思われたくないとこの件を黙っておくことにし自分の毛髪を毒物がでるか検査に出すことに。

「証拠を見つけた。」と香坂が持ってきたのは同じメールアドレスからのタリウムの注文履歴だった。その証拠の違和感に気付いた志摩は香坂に「自分で偽装したのか」と聞く。

「正義の前に。こっちは命がけでやってるんだ。」と開き直る香坂。

口論する二人。その時容疑者が逃げたと連絡が入る。

容疑者が逮捕されたことを志摩から聞いた香坂は「俺たちの手柄になるはずだったのに」と言う。しかし、逮捕されたのは南田弓子という被害者の会社に勤める女性で、志摩と香坂が事情聴取していたのは中山詩織。

犯人出る南田は中山を犯人にしようと匿名のメールを送っていたという。

中山は犯人が南田だと知りながら香坂たち警察をひっかきまわして遊んでいただけだった。

香坂が出した毛髪も検査は陰性だった。

陣馬も巻き込み現場のアパートの屋上を探る伊吹と九重。

検証の結果、香坂が転落したのは屋上でなく階段から滑り落ちていたという。

伊吹は現場に残り、現場を後にした九重は自分が香坂の立場だったら志摩に自分のミスを言えるだろうか…と考え思い込む。

陣馬は九重を止め「間違いも失敗も言えるようになれ!」と必死な面持ちで九重に訴える。

「なんだかのどか沸いちまった」と言う陣馬に「飯なら付き合います」と九重。珍しい姿に「飯か」と陣馬は嬉しそうにした。

志摩のもとに伊吹から電話が入る。

「事故だった手紙も読んだ。」という伊吹に「なんだ本当に調べたのか。」と志摩。

伊吹は「ただ、一個だけわからないことがある。」「最後になんて声かけたの。」と志摩に問う。

志摩は香坂が退職願を書いている時、それに気付いても声をかけなかったと言う。

「うちの屋上で飲みませんか。志摩さんの好きな酒買って待ってます。」とメールが入っても報告書書いているんだとイラつき無視をしたという。

「チャンスは何度もあった」と自分が向き合っていたら、と声をかけていたら、もっと気にかけてやれてたら、悔いていると続けた。

志摩は「俺が最後にあいつと話したのは、進退は自分で決めろ。」だと。

「事故、俺はそうは思わない。悔いても時間は戻らない。」と自分の不甲斐なさを悔い続ける。

ビルの屋上からあるものに気付いた伊吹は事件の日にちと時間を志摩に確認し電話をきる。

修理会社を見送った志摩に再度伊吹から呼び出しがくる。

「来ないと絶対に後悔する」と言われるが行く気のない志摩。

だが、思い立ち伊吹の元へ。

伊吹は「香坂は自○じゃない」と言われ見せられたのはビルの向かい側のアパートの一室につけられた「2013年8月8日深夜2時通報してくれた人探してます。」という幕だった。

香坂は屋上からそのアパートをみてフードをかぶった人物が女性の部屋にベランダづたいに侵入しようとしてるのに気付き通報したあと、その犯人を確保しようと急いで足を滑らせたのだと。

その幕をつけていた女性は「殺されそうだったけど警察のサイレンで助かった。」「引っ越すからふと思い出して」と「通報してくれた人がいなかったら私もこの子も今生きてない」と大きくなったお腹をさすりながら話してくれた。

女性から話を聞いた志摩。香坂が最後に横たわっていた現場に行き「お前を弱いヤツだと、刑事に向いていないヤツだと思っていた。あれからウイスキーが飲めない。偉そうに言うたびに俺こそが裁かれるべきじゃないか。お前の相棒が伊吹みたいなヤツだったら。刑事じゃなくても生きて…」と香坂に言葉をかける。

屋上で待つ伊吹のもとに志摩がもどる。

「刑事止めたりしないよな。」と問う伊吹に「今辞めたら後悔する。ブーメラン食らいながらやるよ。」と言う。

そんな志摩のもとにゆたかから「どこいったんだよ」と電話がくる。

桔梗の自宅に戻り、桔梗とゆたか、麦と一緒に志摩と伊吹は焼き肉をし談笑する。

その夜、桔梗の家の前を給湯器の修理をした男が盗聴している。

修理屋は“男”の指示を受け盗聴器を仕掛けていた。

「MIU404」第6話・まとめ

今回は志摩の過去に向き合った回となりましたが、次回はゲストも多く羽野麦に関わる事件が進みそうですね。

菅田将暉さんも登場するかもですし、どうなるか楽しみです。

 

Twitter でトレンドホヤホヤをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。