ドラマ

『探偵 由利麟太郎』第3話のあらすじ&ネタバレ!呪われたピンヒールの謎とは?

2020年6月23日(火)の夜9時からフジテレビで放送される連続ドラマ、
「探偵・由利麟太郎」

横溝正史氏の『由利麟太郎シリーズ』を原作とするドラマで、主演は地上波の連続ドラマでは初めてとなる吉川晃司さんです。

第3話にはゲストとして村川絵梨さんと浅利陽介さんが出演します。

しかも今回は相棒の三津木が警察に捕まってしまったり、ピエロの罠に翻弄されたりと、なかなか窮地に立たされてしまうようで。

気になる第3話あらすじネタバレを判明次第紹介します。

スポンサードリンク

『探偵・由利麟太郎』キャスト

由利麟太郎:吉川晃司

元・警視庁捜査一課長の経歴を持つ探偵にして、頭脳明晰な犯罪心理学者です。

見た目は白髪の紳士で、あまり多くを語らないもの静かな男ですね。

しかし洞察力と論理的思考力は圧倒的なレベルです。

学生時代にアメリカで出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき、ひたすら事件現場を観察し続ける捜査スタイルを確立しています。

先端恐怖症でありながら弓道の心得があり、精神を集中させることが、難事件解決の力となっているそうですね。

三津木俊助:志尊淳

ミステリー作家になることが夢の青年で、由利を「先生」と慕っています。

難事件の捜査で助手を務めるなど、物語ではパートナーとして活躍します。

ところが由利を崇拝するあまり、自身の小説の執筆はそこまで進んでいない模様。

むしろ由利の活躍を記録する『由利麟太郎の事件簿』というサイトの運営を頑張っていますね。

等々力警部:田辺誠一

京都府警の警部で、由利とは京都で大学時代をともに過ごした旧友です。

同じ弓道部の仲間だったようですね。

由利の事件解決能力には一目を置いており、難事件の捜査協力を依頼しています。

たい焼きを片手に現場へ向かうほど、たい焼きが大好物らしいです。

波田聡美:どんぐり

骨董品店の店主で、骨董品店を営む一軒家の一部屋を由利に貸しています。

由利に対して一方的に好意を寄せているようですね。

山岸克平:木本武宏

出版社の編集者で、ミステリー作家を志望している三津木に目を掛けている存在です。

三津木にとって小説執筆の参考になればと、三津木に由利を紹介したのが山岸克平ですね。

第3話ゲスト

名越優美(モデル)
村川絵梨

名越恭介(優美の夫・料理研究家志望)
浅利陽介

白川珠喜(優美のモデル仲間)
島居香奈

川瀬文乃(優美のモデル仲間)
阿部純子

『探偵・由利麟太郎』第3話あらすじ

あわせて読みたい
『探偵 由利麟太郎』ドラマ第2話のあらすじ&ネタバレ!怪人の正体は誰?2020年6月23日(火)の夜9時からフジテレビで放送される連続ドラマ、 「探偵・由利麟太郎」! 横溝正史氏の『由利麟太郎シリー...

仮装パーティーに出演したモデルの名越優美は、出番を終えてVIPブースに戻る。

そこで美しい小瓶に入った香水の持ったピエロに遭遇し、思わず手に取ってしまう。

ところがモデル仲間の白川珠喜に小瓶を取り上げられるが、その拍子に香水を浴びた珠喜は突然、けいれんを起こして倒れる。

優美が慌てて助けを呼びに行くと、三津木がすれ違うようにやってくる。

偶然にも珠喜が履いていたピンヒールを拾い、持ち主を探していたのだ。

そして、VIPブースで眼から血を流して息絶えている珠喜を発見する。

俊助は容疑者として捕まってしまった。

一方、店の裏口ではモデル仲間に川瀬文乃が、踊りながら歩き去るピエロを目撃していた模様。

帰宅した優美は、パーティーで起きた惨劇を料理研究家志望の夫・恭介に話す。

恭介はショックを受けている妻をなぐさめようとするが、優美はうんざりした様子で恭介にきつい言葉を浴びせる。

翌朝、等々力から三津木について知らせを受けた由利は、さっそく現場へ向かう。

犯人が残した痕跡を追っていくが、その頃ピエロの目撃者である文乃の家には何者かが忍び寄っていた。

また、留置場の三津木は由利との出会いを思い出し、今回の事件を整理していた。

そして由利は壊れた懐中時計を見ながら、ある過去の件を思い出していた。

それは由利が警視庁捜査一課長を退職する原因となった件だという。

スポンサードリンク

『探偵・由利麟太郎』第3話のネタバレは?

仮装パーティに参加する三津木と山岸。

ステージの出番が終わり、会場の上段フロアで待ち合わせていた名越優美、白川珠喜、川瀬文乃の3人。

川瀬文乃が次の出番として階段を降りる途中、ピエロが香水の入った小瓶を渡す。

文乃がステージ に出ている頃、今度が名越優美がピエロから香水をもらう。

その香水を白川珠喜が「もーらい」と奪い、自身に振りかけた。

すると珠喜の様子がおかしくなり、倒れてしまった。

その拍子に落ちてきたハイヒールを三津木がキャッチする。

ピエロは裏口から立入禁止のエリアに逃げる。

三津木はハイヒールの持ち主を探すためにVIPフロアに向かう。

珠喜に話しかける三津木だったが、珠喜は目から血を流して命を落としていた。

三津木は疑われ、フロア従業員たちに取り押さえられる。

一方、ピエロは裏口からそのまま逃げることに成功。

裏口には川瀬文乃もおり、ピエロについて何か知っている模様。

三津木はそのまま警察に捕まってしまった。

優美は帰宅し、珠喜が息を引き取ったことを夫の名越恭介に報告する。

そして川瀬文乃は同居していた珠喜のマグカップを捨てていた。

後日、等々力が由利を訪れて三津木が捕まったことを報告する。

 

京都府警で三津木と面会し、事情を聞く由利。

由利は珠喜の遺体も見せてもらい、原因は毒であることがわかる。

そして現場へ行き、等々力と由利は推理を始める。

優美は一旦外に出て救急車を呼び、珠喜を目撃した女性の叫び声を聞いて会場に戻る。

トレースの結果、由利は文乃だけでなく犯人の足跡も追っていた。

文乃が部屋でくつろいでいるところ、物音を聞いて部屋を散策する。

ちょうどリビングからいなくなった瞬間を見計って、ピエロが加湿器に例の香水と思われる赤い液体を流し入れる。

リビングに戻る文乃、そこへガスマスクを着けたピエロが現れ、毒に苦しみながら息絶える文乃を見る。

一方、名越恭介が帰宅したとき、優美は恭介の机に「建物賃貸借契約書」を見つける。

恭介に聞いたところ、料理スタジオを開く模様。

契約金は優美の口座から使ったらしく、優美はお金を戻しておくよう恭介を睨みつける。

後日、名越家に由利と等々力が事情聴取に伺う。

恭介が自家栽培しているハーブでハーブティーを振舞う姿を見て、由利は何か気になる様子。

 

由利は再度、三津木のもとを訪れ、ピエロを目撃したことを聞く。

その頃名越恭介は契約した物件を訪れていたが、そこには大量のマネキンが置かれていた。

それを見て恭介は、優美がモデル事務所の社長と如何わしい関係にあることを思い出す。

優美から警察が来ると連絡を受け、急遽自宅に戻る。

名越家には由利と等々力が訪れていた。

どうやら例のピンヒールが無くなったらしく、恭介は「ピエロが持って行ったと思う、窓から侵入した」と言う。

由利は「靴跡がない」と言い、等々力は本部へ現場検証を依頼する。

そして由利と等々力はモデル事務所で社長に事情を聞く。

ピエロについては、スタッフが見たと話す。

その後由利たちは川瀬文乃が住んでいる家を訪れる。

インターホンを押しても応答がないため、由利はガレージから侵入する。

するとそこにはピエロがおり、バールを持って由利に襲いかかる。

優勢に戦うも、ピエロには逃げられてしまった。

それから等々力は由利に追いつき、二人は文乃の部屋に入り込む。

そこにはピンヒールを履いて命を落としている文乃の姿があった。

どうやら文乃が息絶えた後、わざわざ履かせたかもしれないと由利は推理する。

現場には「ピンヒールは呪われている」というメッセージがシーツに書かれていた。

文乃が履いているピンヒールは名越優美のサイズであり、盗まれたピンヒールだった。

その頃、恭介はピンヒールを握り締めながら、優美が事務所の社長と浮気しているのではないかと思い、怒りをあらわにする。

 

足跡の検査結果から、そして由利の推理から正体は名越恭介であると判明する。

そして由利の報告書をもとに、三津木は釈放されることとなった。

その頃、名越恭介は優美に「社長と寝てきたのか?」と問いただす。

はぐらかす優美だったが、優美のスマホで行われたメールのやり取りは恭介も見れる設定となっていた。

恭介はピエロの仮面を見せ、「なんで香水を珠喜に渡すんだよ、台無しだろ!」と怒り出す。

恭介は妻の優美の命を狙っていた。

これまで妻のために生きてきたことの思いと、社長との如何わしい関係を続けていた妻への怒りをあらわにする。

逆ギレしながらそとに出ようとする優美だが、恭介は捕まえて逃さない。

 

名越家に到着した由利と等々力、名越家には車が無くなっていたため、移動したのか。

名越家に入る二人、由利は推理を始める。

遅れて三津木も到着し、優美が不倫していることから動機があることを伝える。

珠喜と文乃には恨みがなかったが、恭介は行き当たりばったりの犯行だったことから、仕方なく狙うしかなかった。

珠喜は優美から香水を奪ってしまったため、文乃は逃げるところを目撃されてしまったため。

その頃、等々力の要請を受けて事務所に到着した警察たち。

しかし時すでに遅く、社長は目にピンヒールを刺された状態で絶命していた。

由利はクローゼットを漁り、今回の毒がサトウキビ由来のものと突き止める。

等々力はサトウキビ業者へ連絡、三津木はSNSを使って名越の車の目撃情報を探す。

名越恭介は例の物件に優美を連れ込んでいた。

優美は反撃して逃げるも、徐々に追い詰められる。

そしてとうとう恭介に見つかり、優美はナイフで刺されそうになる。

そこへ由利たちが現れ、助けることに成功した。

夫婦の間に生まれたすれ違い、劣等感、大人しい夫の狂気は、思わぬ被害者を生んでしまった。

『探偵・由利麟太郎』次回予告

妻に頭の上がらない夫の逆襲といえるでしょうか、劣等感による凄まじい憎しみでした。

まあ妻も不倫していたわけですし、夫婦としての関係性は崩壊していましたね。

さて、次回からついに最終章へと突入します。

豪華なキャストによる壮大なミステリーをお楽しみに!

↓見逃したか方はFODもしくはU-NEXTで↓



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。