この差って何ですか?

【この差って何ですか】太るのどっちの差!太らない肉料理や酒とは?【2020年3月3日放送】

2020年3月3日(火)の夜7時からTBSで放送される人気情報バラエティ番組、
「この差ってなんですか?」

今回は「太るのどっちの差」ということで、肉や酒で食べて太らないのはどっちなのか発表されます。

ダイエットしている人もそうでない人も、どうせ食べるなら太らない料理や飲み物を選びたいですよね。

いったいどれだけ差があるのでしょうか?

これから春に向けて体型を服で隠せなくなる季節、ダイエットを始めたい方には必見ですよ!

この差ってなんですか? 出演者&放送内容

【MC】
加藤浩次
川田裕美

【パネラー】
土田晃之
上地雄輔

【専門家ゲスト】
井垣利英(マナー講師)
柿木隆介(国立生理学研究所 教授)
さかなクン
笹原宏之(早稲田大学)
沢田大作(巣鴨総合治療院グループ総院長)
広川雅之(お茶の水血管外科クリニック)
松島龍戒(高野山真言宗龍源山功徳院住職)

この差ってなんですか? 放送内容

「美味しいものを食べたいけど太りたくない」と願う人って多いですよね。

そりゃそうです、誰だって好きなものを食べたいし、かと言って太りたくもない。

今回は番組の中で【どうせ食べるなら太りにくいのはどっち!?】というダイエット向きの企画が放送されます。

お肉をガッツリ食べたい、お酒もガンガン飲みたい、スイーツだってやめたくない、煩悩の塊とも言える人には必見の内容となっているようですね。

まずは肉料理。

どうせ肉を食べるなら太りにくいのは、焼き肉か、それともしゃぶしゃぶか?

さっぱりして胃もたれもしない、しゃぶしゃぶのほうが焼肉よりも太りにくいと思われがちですが、実は意外にもポイントは別にあったんです。

見極めポイントは調理した時に落ちる脂の量とのこと。

網の上でじっくりと焼き上げる焼肉の方がしゃぶしゃぶよりも約2倍の脂を落とすことができるらしいです。

その他にもコンビニのおにぎりでチンして温めて食べるのか、そのまま食べるのか、食べるならどちらが太りにくいのか発表されます。

さらにお酒を飲むなら太りにくいのは梅酒なのかビールなのか、といった気になる2択が盛りだくさんです。

太りにくい料理やお酒を選んで楽しく無理なく痩せたいですね。

太るのどっちの差!太りにくいのはどっち?

焼肉orしゃぶしゃぶ

太りにくいのは・・・
焼肉!

【理由】
調理する際に落ちる脂の量がポイントで、焼肉は30%落ちるのに対してしゃぶしゃぶは15%くらいしか落ちません。

また鍋に溶け出した脂が次のお肉にも付いてしまうため、しゃぶしゃぶはダイエットには向いていないそうです。

おにぎり 温めるorそのまま

太りにくいのは・・・
そのまま食べる!

【理由】
ごはんに含まれるデンプンは温めると糖分として吸収しやすくなります。

冷めたご飯のほうが太りにくいそうです。

梅酒orビール

太りにくいのは・・・
ビール!

【理由】
梅酒に比べるとビールのほうがカロシーは低いらしいです。

品種にもよりますが、100mlあたりビールは40kcalなのに梅酒は156kcalもあるそうです。

梅酒は氷砂糖を大量に使用するため、カロリーも3倍ほど上がってしまいます。

はちみつorメープルシロップ

太りにくいのは・・・
メープルシロップ!

【理由】
メープルシロップのほうがカロリーも糖質も低く、ダイエットに効果的なカリウムが多いそうです。

カリウムには体のむくみを解消する効果もあるため、ダイエット中ならメープルシロップがおすすめ。

つぶあんorこしあん

太りにくいのは・・・
つぶあん!

【理由】
つぶあんには豆の皮が残っています。

皮はダイエットの効果があるらしいのですが、こしあんは皮を捨ててしまいます。

したがって太るのを気にするのであれば、つぶあんのほうがいいようですね。

この差って何ですか?太るのどっちまとめ

ダイエット中は食べる量を少なくしたり低カロリーのものを選んだり、色々と試行錯誤する必要がありますよね。

お酒やスイーツは厳禁と思われがちですが、種類によってはカロリーや糖質も低いのでダイエット中でも摂取OKな物もあります。

うまく選別しながら食事を楽しみたいですね!

 

Twitter でトレンドホヤホヤをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。