MIU404

『MIU404』第8話あらすじ&ネタバレ!蒲郡(小日向文世)再登場!

TBSテレビ系列で毎週金曜日夜10時から放送されている金曜ドラマ「MIU404

前回の放送でずっと“謎の男”だった菅田将暉さんの役名がわかりましたね。

ただ実際何をしているどんな人物なのかは未だに謎のまま…

8月14日(金)第8話の放送で羽野麦(黒川智花)に迫っている陰が誰の指金なのか触れるそうですが菅田将暉さんは絡んでいるんでしょうか?

第8話のあらすじとネタバレを書いていきますので是非最後までお付き合いください。

金曜ドラマ『MIU404』キャスト

伊吹藍 役・綾野剛さん

本作の主人公その①

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

元奥多摩の交番勤務。刑事としての常識はないが、運動神経と機動力に優れ、頭より先に身体が動くタイプ。

志摩一未 役・星野源さん

本作の主人公その②

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

常に先を見通せる抜群の観察眼を誇る。他人はもちろん自分すらも信用しないところがある。伊吹とバディを組むことにになり、伊吹の「野生バカ」ぶりに振り回される。

捜査一課時代の相棒・香坂を追い詰めてしまい救えなかったことを公開しながら刑事を続けていた。伊吹のおせっかいでその出来事に向き合い新たに刑事としての決意をもつ。

九重世人 役・岡田健史さん

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

警察庁幹部に父を持つキャリア組。今まで何事もうまくこなしてきた自身から他人に対して上から目線な態度が目立つ。

父親の話を嫌う?

陣馬耕平 役・橋本じゅんさん

警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属隊員。

元第3機動捜査隊で桔梗とバディを組んでいた。

九重世人のバディ。キャリアやエリートが苦手、だが九重の面倒をみるためバディに。

特派員REC 役・渡邊圭祐さん

WEB動画チャンネルの運営者で自分の興味のあるネタを妄想を交えた配信をしている。

あるきっかけで第4機動捜査隊のことを知り深く関わることに。

糸巻貴志 役・金井勇太さん

警視庁刑事部・第1機動捜査隊所属隊員。

主な仕事は、防犯カメラの解析やSNSの監視。

我孫子豆治 役・生瀬勝久さん

警視庁刑事部のトップ。

第4機動捜査隊の設立に大きく関わる重要人物。

2年前の裏カジノ事件総指揮官

桔梗ゆづる 役・麻生久美子さん

第1・第4機動捜査隊の隊長を兼任。

捜査一課から警察署長を経て女性初の機動捜査隊隊長となった。

我孫子豆治とは旧知の仲らしいが…

幼い息子が一人。2年前の裏カジノ事件をきっかけに羽野麦と同居し匿っている。

桔梗ゆたか 役・番家天嵩さん

桔梗の息子

羽野麦・黒川智花さん

2年前の裏カジノ事件でカジノオーナーの“エトリ”が経営していたピアノバーで働いていた。

エトリを捕まえるために桔梗に協力し、その後エトリの陰に怯え、桔梗と生活を共にしている。桔梗が仕事している間、桔梗の息子・ゆたかの面倒をみている。保育士の経験あり。

久住 役・菅田将暉さん

六本木界隈で出回っているというドラック「ドーナツEP」の売人?

第3話でバシリカ高校の生徒・成川岳に接触。関西弁を話し、派手な格好をした人物。

会社を経営?成川を使い何かを企んでいる

成川岳 役・鈴鹿央士さん

バシリカ高校元陸上部の3年生。

先輩たちが「ドーナツEP」を売りさばいていた事で、連帯責任として陸上部を廃部にさせられてから西武蔵野署管内で“イタズラ通報”虚偽の通報を繰り返し、捜査協力を受けた第4機捜に追われる。

同じイタズラを繰り返していた生徒は第4機捜に捕まり罰を受けたが、成川は九重が追跡を止めたことで逃げ切り、自宅にも帰らず身を隠しながら街にいたところ、菅田将暉さん演じる謎の男に接触される。

第8話で特派員RECに接触。久住に毒されている様子。

第8話ゲスト出演者

蒲郡 役・小日向文世さん

元刑事で伊吹の恩師。

現在は外国人労働者支援センターで働いている。

坂本 役・飯尾和樹さん(ずん)

臨床検査技師

「MIU404」第8話・あらすじ

あわせて読みたい
『MIU404』第7話あらすじ&ネタバレ!King Gnu・井口理ゲスト出演!毎週金曜日夜10時から放送されているTBSテレビ系列金曜ドラマ「MIU404」 8月7日(金)の放送で第7話となります。 前...

 第8話<君の笑顔> 

男性の遺体が山の中腹で見つかり、通報を受けた404・伊吹と志摩は現場へ急行した。

遺体に残された創傷と文字から未解決となっている“連続猟奇○人事件”の可能性が浮上し、この事件は捜査一課の管轄となった。

捜査会議に参加した伊吹と志摩は捜査一課の刑事・刈谷の手伝いに駆り出されることに。

伊吹と志摩は、刈谷に同行し訪れた不自然死究明研究所、通称「UDIラボ」で臨床検査技師の坂本と出会う。

伊吹は今回の捜査資料を盗み見て、被害者の男性が起こした複数の前科のうち、最初の事件を担当したのが蒲郡だと知る。

伊吹と志摩は蒲郡から情報を得て犯人確保に向かうが…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第7話で菅田将暉さんの役名が久住とわかりましたが、なんだかこれもまだ疑えるな…と個人的に思っております…

番組も終盤に向かっていますが裏カジノ事件の大元“エトリ”も出てきてないですし、どう物語が進んでいくのか楽しみにしたいと思います。

今回の第8話は、志摩の事を嫌っている捜査一課・刈谷との捜査。

なんだか揉めそうですね(汗

「MIU404」第8話<君の笑顔>ネタバレ

取り付けられた盗聴器について調べるために警察と鑑識が桔梗の家に入った。

立ち合いをしたのは自分だと志摩は話、伊吹と電話していた「5分間目を話した、その間の犯行だろう」と話した。

捜査に来た刑事から「何も気づかなかったんですか?」の問いに志摩は「全然気づきませんでした」と悔いた。

伊吹が自宅を離れホテルに移すことを提案する。

しかし桔梗は手口から犯人の狙いが羽野だと考え警備の薄い場所では不安だと言い、警察の寮へ行くことに。

警察寮をでてランドセルを背負ったゆたかは同じ寮の子供たちに元気よく挨拶をする。

寮に入ったのは夏休み前だったため同じ寮の子と親睦を深め2学期を迎えられた。

未だにエトリの手掛かりがなく焦りイラつく志摩と伊吹はメロンパン号の中で言い合いをする。

そんな時通報の無線が入る。

八王子管内で男性の死体が発見されたという。

布にくるまれた紐で縛られた遺体。そこにはタグがついていて読めない漢字が一文字書かれていた。

遺体の指の真ん中3本が両手とも切られていた。その様子を特派員RECと共同で番組をつくっているナウチューバーのバイトが撮影しようとわく。

そこに捜査一課の刈谷がやってきた。

志摩を嫌う刈谷は、志摩に嫌味を「これから捜査一課の扱いになる」とデカ声で周りにいいきかせた。

刈谷の相棒からこの遺体の殺人方法が未解決となってる猟奇殺人事件と酷似しているため同じ犯人の仕業と考えられていると聞く。

最初に起きたのは20年前に千葉。次が15年前に荒川区で。

どれも中国語でショウ、日本語訳で獣という意味の文字が書かれたタグがついていた。

今回の遺体は堀内という男性。2度の前科がある。

早く犯人を捕まえようと嬉々とする伊吹と志摩をとめ、刈谷が「お前らが呼ばれたのは俺たちの小間使い。足になるんだ。」と怒鳴ってくる。

刈谷たちに付き添い法医学センターにきた404。

遺体の解剖にも付き添うとするが「お前たちは待ち」だと車に残される。

メロンパン号できた404たち。刈谷たちはかばんや捜査資料を置いたまま。それを発見した伊吹は嬉しそうに盗み見た。

そこにムーミンのぬいぐるみ持った男性が「メロンパンください」と志摩に言う。

警察の車と説明する志摩に男性はしつこくメロンパンを要求した。

その男性と別れた時、伊吹が捜査資料から被害者の堀内の最初の事件の担当が蒲郡だと発見し喜ぶ。

蒲郡の家に話を聞きに行く404。外国人支援のボランティアのパートナーがベトナムに帰ると聞き今後新しいパートナーをもつのか聞かれ「しばらくやめる」と少し口ごもった。

霧がかかったようだと自分の今の状態を話し、明言はしなかったが認知症を自覚しているようで、亡くなった妻、玲子の顔もぼんやりとしか思い出せないという。

堀内について聞くと「覚えてる」と言い人懐こいヤツで小心者だと堀内の事を話した。

勤めたパチンコ店も喧嘩で辞め、そうゆう事を繰り返してきたと蒲郡から聞き、ギャンブル癖があるか志摩が聞くと「そういえばギャンブルで誰かともめた」と言うが誰だったのかは思い出せないようだった。

志摩はそんな蒲郡の様子をみて、部屋に認知症の薬があったことに気付き伊吹に伝えた。

二人が出て行った後、蒲郡は仏壇に手を合わせた。

捜査会議で被害者の指に生体反応があり、生きているうちに指を切られたことが刈谷から報告される。

容疑者は二人。一人目、菅沼は堀内が辞めたパチンコ店で喧嘩をした相手、20年前の事件の時35歳で千葉に住んでいた。

二人目、峰岸は自動車修理工場に勤め、堀内に店の車を貸していたのに勝手に売り飛ばされもめた過去が、しかし峰岸は20年前14歳で仙台に住んでいたという。

報告を続ける刈谷を遮るように伊吹が手を上げ、志摩の静止も聞かず蒲郡から聞いた堀内の情報を含め峰岸が殺した可能性を言う。

刈谷から捜査資料を盗み見たことを指摘されるが、蒲郡の事を誇らしげに話し、志摩が「記憶がおぼろげ」と言うのも遮って「ガマさんは必ず思い出す」と力強く言った。

そんな頃、成川はどこかの詐欺グループのような集団に入り込みドーナツEPを売りさばいていた。

ギャラをわたすと連れられた机のパソコンには羽野の写真が。

たむろしていたコンビニであったことを思い出し、「誰か」とそのグループのリーダーらしき人物に聞くと「情報を教えろ」と羽野に賞金1000万円がかけられていることを知る。

羽野に会いに行った404。寮のエントランスで話しているとゆたかがやってきて志摩に抱きつく。

「悪いヤツ捕まった?」とゆたかの問いに二人は返す言葉がでない。

だが「必ず捕まえる」と志摩はゆたかに約束する。

志摩とゆたかが部屋に向かうと羽野がため息をもらした。

「私がいなければ。」と桔梗とゆたかへの気持ちを嘆く羽野に伊吹が「俺と住む?」と提案する。

蒲郡と一緒に住もうかと考えてる。と話、一緒3人で、と誘う。

夏休みに造った図工作がおかしくなったと志摩に直してもらったゆたか。

そんな時、志摩に電話が。

電話の足手は遺体の解剖をしたセンターのセンター長で、次の日会いに行った志摩と伊吹は刈谷ともめた検査員が過去の遺体の資料を取り寄せてをみたところ違和感を覚えたと聞く。

違和感とは、切断された指の切り口の向きがちがうという。

今回の事件は座ってきられたと考えられ、これまでの事件は横に仰向けになった状態で切られたと考えられる。つまり同じ犯人ではないのでは、と考える404.

芝浦署に戻り、陣馬と九重と食事をし事件について話すと、九重が「キリシタン狩りみたいだ。」と言った。

天草四郎の時代に起きたキリシタン狩りの拷問の一つに似ている、と。

志摩一人が残っている第4機捜の部屋に怒鳴り込んできた刈谷。

連続殺人じゃないと報告したことを怒鳴りに来たようで「捜査一課時代の志摩のやり口だ」と情報を共有せず手柄を独り占めする、と怒っている。

一課時代のことを謝る志摩だが刈谷は胸倉をつかみ「ゆわれたこと以外するな」と睨む。

蒲郡の家にいったと言う刈谷。

蒲郡の状態をみて「時間の無駄だ」と志摩に言い「あれは認知症じゃなく事故でぼけたんだ。」と言い志摩は驚く。

一方、仕事を終え蒲郡の家に来ていた伊吹は、刈谷が来たことを聞き、堀内がギャンブルでもめたのが誰か思い出すように蒲郡に働きかける。

思い出せない姿をみて「俺と一緒に住まない。」と羽野のことも伝え蒲郡に提案する。

「この家と玲子がいるから」と妻が亡くなったことも忘れた様子の蒲郡に伊吹は泣きそうになりながら声をかけた。

容疑者の一人、峰岸をはる刈谷たち。そこに志摩が峰岸を訪ねにきた。

出てきた志摩を捕まえ刈谷が怒鳴ると「俺が調べてるのは別件。力を貸してほしい」と刈谷に言う。

アパートの自宅にいる伊吹に志摩から電話がかかってきた。

アパートにきた志摩は、伊吹が蒲郡と引っ越ししようとしてるのを聞く。

「いいやつだな。」と言う志摩に「ドッキリ?」と言いながら蒲郡への想いを話す。

志摩に「何か言いたいことがあるんだろ」と聞く伊吹。

志摩は伊吹の感について話、その感を感情が蓋する時があると続けた。

「お前の感は何を感じてる?」と伊吹に問い蒲郡の自宅にあった妻・玲子の歩行機にあった大きな歪みの跡のこと、交通事故が家の前でありそれで奥さんが亡くなったこと、それに巻き込まれて脳を損傷し蒲郡は記憶を失ったこと、蒲郡の自宅に残された車が突っ込んだ跡には堀内が峰岸に借りた車と同じ塗料が残されていたことを言う。

目に涙をため伊吹は机をたたき志摩を止めようとするが、志摩は「動機がある。」と話を続け刑事だ。

仏壇に手を合わせる蒲郡。その仏壇には妻の写真と一緒にキリストの像や十字架が並んでいた。

玲子の顔がみたいと訪ねていた伊吹に写真を手渡す蒲郡。その写真に写る妻の胸にも十字架のネックレスがあった。

「キリスト教の教えは許しなんだ。」と話を始める蒲郡。マイクをつけてた伊吹と家の外にいる志摩は一緒に話を聞いていた。

自身の刑事の在り方もキリスト教の考えを元にやってきたと話す蒲郡に、伊吹は「全部忘れちゃったんだよね。」と懇願するように事故の資料を見せる。

眼鏡をかけ確認した蒲郡は「定年して買ったこの家で玲子と過ごしたのは3年足らずだ。」と話をはじめた。

自己の数日前、出訴した堀内から蒲郡の携帯に電話があり他の刑事を紹介すると堀内は「俺を見捨てるのか。」と電話を切ったという。「いいの?」と心配する玲子に「刑事じゃない余生を」と話すと玲子は笑顔で「そうね。」と外国人支援のボランティアをしようと提案してきたと話つづけた。

二人で外にでた時、車が自宅に突っ込んできてそのタイヤの間に玲子が血を流し横たわり運転席には堀内が笑いながらいて見下ろしていたと、「やめろー」と叫ぶ蒲郡の声も聞かず、堀内は再度玲子の上を引き去っていった。と話す。

知らぬ間に入院していたという蒲郡は「しばらく何も思い出せなかった」と話した。

だが、薬を飲み治療したことで脳みそが記憶を戻した。その記憶には顔いっぱいに笑顔を広げる玲子の二度と笑わない姿がしっかりと残っていた。

伊吹が「なんで警察に言わなかったの」と聞くと、警察に連絡しなかったのは目撃者がいなく、大した罰にもならないと考えたからと言う。

救いを求め手にしたキリシタンの本に描かれたキリシタン狩りの話から昔の連続殺人事件を思い出し模倣して殺害したと。

自宅の風呂場に堀内を縛り「お前は二度も許されたのに」と話をしたという。

「あんた刑事だろ」と許しを請う堀内に、蒲郡は「玲子はお前を許すだろう。」と妻のしていた十字架のネックレスをかけ殺害したと話した。

蒲郡は、許してと言い続ける堀内に「刑事だった自分を捨てても俺は許せない。」と思いを続けた。

伊吹はそんな蒲郡に「自分に誰でもやり直せるって教えてくれたじゃん。」「いつなら止められた。」と泣きながら問いかける。

蒲郡はそれに答えず「志摩くん!他の刑事さんもいますね。堀内を殺したのは俺だ。」と全ての状況を見透かし声を上げた。

刈谷の静かな「突入。」の合図で家を囲んでいた刑事が家に入った。

「同じ場所に行けなくてごめんな。」と妻の写真に話しかけたあと蒲郡は憮然とした表情で繭も目も動かさず風呂場で殺し、凶器をどこに隠したのかも伝え手錠を受け入れた。

家から蒲郡が刑事に連れられでるとそこに志摩が向き合う。

「伊吹のためにも、他の全刑事のためにもあなたは何があっても殺しちゃいけなかった。」と話す志摩に蒲郡は伊吹に伝えるよう「お前にできることは何もなかった。」と話車に乗り込んだ。

その表情に後悔は見えなかった。

「MIU404」第8話・まとめ

小日向文世さんがあれだけの出演?と思ってましたが、今回の布石だったようですね。

ラストまでどう持っていくのかわかりませんが、MIUは重い問題をさらっとしすぎている気がして詰め込み過多な印象を受けました。

おもしろく感じる方もいると思うので失礼にならないといいですが、わたしとは相性が悪い予感をしています。

そういえば!松重豊さんがサプライズ出演されましたね!

あれは驚きました。今後の出演があるのか楽しみにしたいです。

あわせて読みたい
『MIU404』第9話あらすじ&ネタバレ!“エトリ”と久住の繋がりは?TBSテレビ系列で毎週金曜日夜10時から放送されている金曜ドラマ「MIU404」 8月21日(金)の放送で第9話になります。 ...

 

Twitter でトレンドホヤホヤをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。