世にも奇妙な物語

世にも奇妙な物語2021夏「成る」のネタバレ&結末は?ピース又吉直樹さん主演!

2021年6月26日(土)の夜9時からフジテレビで放送される土曜プレミアム、「世にも奇妙な物語’21夏の特別編」

ピースの又吉直樹さんが主演を務める「成る」、AI棋士「不惑」の成駒で見たことのない文字が持つ意味とは・・・?

気になるネタバレや結末をまとめました!

世にも奇妙な物語’21 夏の特別編

世にも奇妙な物語2021夏「成る」あらすじ&出演者

珠玉の短編ドラマをオムニバス形式でお送りする『世にも奇妙な物語』は、おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ。
『成る』
有名棋士・岩屋賢太郎(又吉直樹)がAI棋士“不惑”を相手に対局に臨んでいる。岩屋が駒を返すと“朮”という見たことのない文字が。そしてAI棋士が駒を返すと“明美”という文字が現れる。岩屋はその名前の女性と週刊誌に写真を撮られ、妻とは離婚協議中だった。
引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/87361196

【ストーリーテラー】
タモリ
【キャスト】
又吉直樹
浅野和之
工藤美桜

スポンサードリンク

世にも奇妙な物語2021夏「成る」ネタバレ

AI棋士「不惑」と対決する棋士・岩屋賢太郎。不惑が打った成駒だが、そこには見たことのない字が。

「朮」

何て読むのかわからない、しかし持ち時間を使い切ったために1分以内に打たないといけない。焦る岩屋。

とりあえず駒を打つ岩屋。今度は不惑が飛車を打つと、成って「明美」と書かれている。どうやら週刊誌にすっぱ抜かれた不倫スキャンダルの相手らしい。なぜ一般人の相手の名前がバレたのか、岩屋は疑問に思う。

しかし岩屋は離婚調停中であることから、自分に非があると自覚して将棋の対決を進める。

今度は不惑の桂馬が「ケンタウロス」になった。岩屋が学芸会で担当した役である。しかし、上半身の衣装が脱げてしまい、笑い者になってしまった。そのせいで「ケンタウロス」がトラウマに。

怒りながらも打ち続ける岩屋。続いて不惑の一手は「五月三日」。この日は岩屋の母親が男を作って家を出て行った日だった。

岩屋にとって母親は、貧乏にもかかわらず高級な駒を買ってくれるなど、最愛の母である。プロ棋士になって、いつか母親が活躍を見ていてくれたらと将棋に打ち込んだ。

「ここで詰むわけにはいかない」と、攻勢に出る岩屋。過去に母親から話してもらった記憶を頼りに、「朮」は「おけら」と読むことを思い出す。

「朮」を指す岩屋。ついに不惑に勝利する。「参りました」と礼をする不惑だが、そのまま倒れて岩屋の頭に激突する。そのせいで岩屋は生死を彷徨うことに。

10年後、一命を取り留めた岩屋は棋士を引退。妻と寄りを戻して鉄板屋をオープンさせていた。

妻と仲良く仕事する岩屋。お好み焼きをひっくり返すと、焼き色の模様が「歩」になっていた。そして、女性従業員の名札は「アユミ」の文字が・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。